マレーシアへの移住は満足してますか?日本から移住を決めた人たち

up to you balloon 1024x683 - マレーシアへの移住は満足してますか?日本から移住を決めた人たち

マレーシア移住をした日本人に聞いてみました

現在ではインターネットや書籍・雑誌などの情報が身近なため、住んだことのない海外の情報なども手軽に手に入る時代ですよね。ですが何よりも確実でリアリティ溢れる生の話を聞きたければ、その国の在住者の意見が一番!

今回はマレーシアへの移住を検討している方にはぜひ読んで頂きたい!現地マレーシア在住30代の日本人女性の方に、お仕事やライフスタイルなどをトコトン語ってもらいました。インタビュー形式で掲載しますので、将来マレーシアに移住した読者様の姿と重ねながらご拝読下さいね。

マレーシアに移住したきっかけについて

息苦しい日本社会に嫌気がさした20代の頃

筆者:マレーシアへ移住したきっかけは何だったのですか?

清水さん:日本では不動産会社の人事部に勤務してましたが、会社が倒産してしまったため、マレーシアで仕事しようかと思ったのがきっかけです。

筆者:会社が倒産しなければ、今でも日本で生活されていましたか?

清水さん:いえ、それはたぶんないです(笑)日本での生活に嫌気がさしていたので、会社が危ないって情報が流れてから、「これはラッキー」みたいな感じで、並行してマレーシアでの就職活動をしてましたから(笑)

筆者:日本での生活は合わなかったと?

清水さん:マレーシアへ旅行に行ったことがきっかけで、その当時の日本の「働き方」に対してすごく冷静な視点で見えるようになりました。何というか、日本人って、すごく無駄な働き方をしてますよね?

筆者:無駄な働き方というと、具体的には?

清水さん:時間の無駄、業務の無駄。1日24時間しかないのに往復で何時間も電車通勤しているのも無駄だと思いますし、1つのプロジェクトに何名もよってたかって携わるのも日本社会特有。日本には「連帯責任」って言葉がありますよね?チームで行っている中で一人がミスすると、それは全体の責任だ、みたいな。そんなことへの嫌気が積もりに積もって、20代後半からは海外での就職に目標を定めていました。

筆者:そんな風潮は確かにありますよね…。

清水さん:海外旅行もあまり行かず、日本国内しか知らなかったら私もそのような生き方に特に疑問を持つことなく、そのまま暮らしていたと思います。「隣の芝生は青く見える」ではないですけど、外国での働き方を改めて見つめた上で、「同じ生活水準を保てるならば日本にいる必要ないじゃん」と思ったのがきっかけです。

会社を辞めたはいいけど、移住の準備は本当に大変だった!

筆者:実際にマレーシアで暮らし始めたのはいつからですか?

清水さん:日本の会社が倒産したのを機に退職扱いになったのが2014年の秋で、実際にマレーシアへ来たのは2016年の年始からです。

筆者:辞めてからマレーシア渡航までに1年以上の空白がありますね?

清水さん:本当はすぐにでも渡馬したかったのですが、海外移住って色々大変なんですよー(笑)。マレーシアでの職場はすぐに見つかりましたが、ビザが下りないので日本待機と言われました。ですが結局なんだかんだで、約1年の準備期間がありました。

筆者:具体的に準備で大変だったのは何ですか?

清水さん:何よりも大変だったのが、ペットのことです。犬1匹と猫1匹を一緒に連れて行きましたので、手続きとかワクチンとかの準備に時間がかかりました。ペットと一緒の場合は最低でも半年くらい前から動いておいた方が無難です。

マレーシアでの現在のお仕事について

日本とは働き方が全然違ってビックリ!

筆者:現在マレーシアでは何のお仕事を?

清水さん:首都クアラルンプールで旅行会社の団体営業をしています。日本からマレーシアへ旅行やお仕事で来られる方へのアテンド業務が主です。

筆者:不動産関係から旅行関係への転職とは、異業種ですね!

清水さん:もともと旅行自体は好きでしたし興味もありましたので、スムーズに仕事が出来ていると感じます。給与もそれほど悪くないですし、今の職場で可能な限り長く働きたいなと思っています。
日本での働き方とは本当にガラッと変わりました。通勤は車で20分のところですし、残業は「理由がなければ残業は認めない」と言われますし(笑)。日本も働き方改革の推進とかで、少しは働きやすくなっていますか?

筆者:いえ、まだ実感ありません(笑)。日本の場合は、効率性を求めた働き方と、働きやすさを求めた働き方の両立が出来ていない印象です。

清水さん:と言いますと?

筆者:国全体としては有給取得の義務化とか、働きやすい社会を目指すという方針が掲げられていますが、では現場はというと、「広く浅く」というより「深く狭く」働ける人間が重宝されています。でもそれって、裏を返せば「自分以外にその業務は出来ない」って状況なんですよね。そうなるとどうなるか。代休とか有給が取れないんです(泣)。「自分が休んだらこの仕事が滞る」状況になってしまい、国としては有給取得を義務付けているにもかかわらず、実際の現場では逆行した流れになっているという印象です。

清水さん:わかります、どことなく…。便利屋はいらない、専門的な知識や経験がある人が重宝されるみたいな?

筆者:おっしゃる通りです。「マルチスキル」みたいな耳障りの良い言葉もありますけれども、AIに代表されるように、誰でもできる仕事はそのうち淘汰されるという将来のビジョンを持って働くことが求められているような気がします。

マレーシアでの生活について

文化の違いを理解することが海外での生活の第一歩

筆者:辛気臭い話はここまでにして、話題を変えましょう(笑)。マレーシアの生活で日本と違うなと思ったのはどんなことですか?

清水さん:本当にたくさんありすぎて答えるのが難しいですが、一言で言うと「文化の違い」でしょうか?日本では当たり前のことも、この国ではあり得ないことという場面はいつも遭遇します。

筆者:具体的には?

清水さん:横断歩道は車優先、牛肉より豚肉の方が高い、現地で暮らしているとマレーシア語より英語の方が上達する、とかですかね。

筆者:面白いですね(笑)特に「横断歩道は車優先」とか。

清水さん:横断歩道の信号が変わっても、3度見くらいは絶対します!マレーシアの交通ルールはあってないようなものです。信号が赤でも人や車が通るのは当たり前。さらに言うと、交通事故では、必ずと言っていいほど「車よりも人が悪い」ことになります。だって、車が来ているのに近くを歩いている人が悪いんですよね。車は強くて人は弱いんです。だから、弱い立場の人は、車に気を付けて生活しなさいっていうのがマレーシアの交通ルールです(笑)

筆者:まさに「マレーシアあるある」!

清水さん:と言いますか、これはもう文化の違いですよね。日本人はどことなく、自国の文化や習慣を他国と比較してあれこれ批評しがちですが、海外に「暮らしている」のではなく、「暮らさせてもらっている」という意識を常に持つことが、その国に馴染めるかどうかの近道かと。

筆者:なるほど、「マレーシアで暮らさせてもらっている」という意識ですね。

清水さん:そうです、何でもかんでも「日本と比較したら…」とか屁理屈を言うのではなく、日本とマレーシアでは文化が違うのだから、その文化を許容する大らかな心がとても重要です。そのためには、「マレーシアさん、私なんかを住まわせて頂いて本当にありがとう」という感謝の気持ちを持つことを、私なんかは心掛けています(笑)。

まとめ

本当にたくさんの質問に関して、わかりやすく、とても真摯に受け答えをしてくれた清水さん。異国の地で暮らすというのは大変なことだと思いますが、そんな様子は少しも見せずにエネルギッシュにマレーシアで生活している様子が印象的でした。

特に最後の、「この国で住まわせてもらっているという想いを常に持って」という言葉には、私たち日本人が海外で生活する上で最も必要な考え方なのかもしれませんね。