マレーシアでのタクシーの安全な利用方法とは

マレーシア タクシー

 

マレーシアは車社会です。最近、MRTやLRTと言った電車が少しずつ増えてきましたが、それでも駅から歩いていける場所は少ないので、観光客も、在住者も、車を使う機会が多くなります。

しかし、タクシーについては、他都市とは違った注意や工夫が必要です。ここではマレーシア、特にクアラルンプールでのタクシーの使い方をご紹介します。

「流しのタクシーは極力使わない」が基本です

マレーシアの場合、タクシーを呼ぶにはいくつかの方法があります。
気をつけたいのは、料金の支払い時のトラブルが多いことです。
そのため、前売りチケットを買うか、後述するアプリでの利用をお勧めします。

Grabなどのアプリを利用して乗る

Grabアプリはマレーシアで広く使われている配車アプリで、Grabカーと呼ばれる一般の人の車のほか、タクシーを呼ぶことができます。

Grabアプリを使うと、料金が事前にわかることと、運転手の身元が明らかになるため、安心してタクシーに乗ることができます。また、料金で降車時点で揉めることも少ないです。ただし、 Grabアプリを立ち上げて、「Car」から行き先を選び、「GrabTaxi(Metered)」を選択することで、タクシーに乗れます。

タクシースタンドでチケットを買って乗る

空港やKLCC、KLセントラルなどの観光地にある方法。
チケットオフィスで予め行く場所までのチケットを買って、そのチケットをドライバーに渡します。また、セランゴール・クアラルンプールのタクシーには赤いタクシーと青いタクシー(料金が高くなります)があります。

タクシースタンドから乗る

LRTやMRTの駅前、ショッピングモールなどにはタクシースタンドがあります。ただし、場所によっては交渉制のこともあります。できれば、メーターで走ることを確認して乗ること。渋滞時などには追加料金を請求されることもありますので、事前に、スタンド自体がメーターのタクシーが多い場所かどうか、地元の人に確認しておくのが良いです。

タクシーに電話して呼ぶ

信頼している運転手がいれば、直接電話かメッセージで呼ぶのが良いでしょう。ただし、配車料金がかかります。

外務省は配車アプリをお勧め

なお、外務省でも、以下のように警告していますので、タクシーに乗る際には十分注意することをお勧めします。

「マレーシアのタクシーは,運転が荒く,料金トラブルも多い傾向があるほか,運転手が乗客から金品を強奪したり女性客を暴行するなどの事件が頻発するなど,安全面でも問題を抱えています。
 このため,最近はUBERやGRABといった「配車アプリ」を利用して,事前に運転手と支払料金を確認した上でタクシーを利用する者が多数となっており,ホテルや駅などでタクシーを拾う場合でも流しを拾わずに配車アプリで探す方が主流となっています。
 したがって,タクシーを利用する際は,流しのタクシーを避けてこれら配車アプリを活用し,事件やトラブルを避ける事をお勧めします。」

グラブの使い方はこちらを参照してください。

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら