【マレーシアに長期滞在】引越しのコツ・準備からパッキングまで

hiveboxx mYxzG5NwDNs unsplash 1024x717 - 【マレーシアに長期滞在】引越しのコツ・準備からパッキングまで

マレーシア出発前の手続きが必要なもの

マレーシア出発前に必要な手続きが多数あります。手続きに関しては、計画的に進めておく必要があるでしょう。どのような手続きが必要になるかをあらかじめ把握しておくことが大切です。必要な手続きについてご紹介します。

保険への加入

マレーシアに長期滞在する場合、保険に加入する必要がありますが、初めての場合は日本の保険会社で海外保険に加入するのが良いでしょう。日本と海外では、病院事情が異なり戸惑うケースがありますが、日本の保険会社で海外保険に加入すれば、日系の病院を受診することも可能です。

車の処理

車を所有している方は多いですよね。マレーシアに長期滞在する場合は、車の処理方法についても検討する必要があります。売却する場合は、査定などの手続きが必要になりますし、譲渡する場合は、名義変更などの手続きをしなければならないでしょう。車の処理も予想外に時間がかかるので、1ヶ月程度前から動くのがおすすめです。

日本住居の退去処理

マレーシアに長期滞在するのであれば、日本住居の退去処理が必要になります。退去に関しては、通常1ヶ月以上前に退去の連絡をしなければなりません。賃貸契約書を見直し、退去の連絡締め切りを確認する必要があるでしょう。また、その際、水道、電気、ガス、インターネットなど様々な解約をしなければなりません。時間に追われると忘れがちなので、余裕をもって動くようにしましょう。

年金制度の手続き

海外に転出した場合、日本の年金に関しては支払う必要がありません。しかし、支払わない状態では、将来受け取る年金の額が減ってしまうのです。将来のことを考えると、日本で年金を受け取るのであれば、年金を払い続ける方が安心です。

海外に転出後、年金を払い続けるには、年金の任意加入制度を利用しましょう。市役所、もしくは年金事務所で手続きを進める形になります。しかし、現在加入している健康保険の脱退証明がなければ、任意加入制度を利用することができません。会社などにぎりぎりまで所属している場合は、出国後の手続きを国内にいる人に依頼する必要があるでしょう。

携帯電話の手続き

海外で携帯電話を使用すると通信料金が高額になります。そのため、長期マレーシアに滞在する場合は、携帯電話を解約しておくのがおすすめです。数年で日本へ戻るめどが立っている場合は、番号保留サービスへ申し込むと良いでしょう。
帰国するとすぐに番号を復旧することができます。
しかし、携帯電話の解約、番号保留サービスへの申し込みをすると、携帯電話の使用ができなくなってしまいます。直接店へ行かなくても電話での番号保留サービスへの申し込みが可能なので、海外へ出発する直前に手続きすると良いでしょう。

転送届

郵便物の転送届も忘れがちですが、重要な手続きです。海外へ転送することはできないので、国内で郵便物の管理をしてくれる人へ届くよう設定すると良いでしょう。
オンラインでも手続きが簡単にできます。

VISA取得

VISA取得に関しては時間がかかります。余裕を持って手続きする必要があるでしょう。慣れていない場合は、自力で手続きを行うと、提出書類に不備があり、さらに時間がかかる可能性があります。VISA申請サポート業者に依頼するのも一つの方法です。

デビットカードを作成する

マレーシアでの生活費に関して不安を感じている方がいるのではないでしょうか。
海外でのお金の管理に関しては、デビットカードが便利です。
デビットカードは、お金を使った際にすぐに使った分口座から引き落とすことが可能となるカードです。

現金をATMから引き出すことも可能です。マレーシアに長期滞在する際、現地で口座開設をしようと考える方もいますが、移住証明が必要となるため、すぐには口座開設ができません。それまでは、現金で生活するということもできますが、安全面で不安があるでしょう。日本でデビットカードを作っておくと、非常に便利です。デビットカードに関しては、手続きをオンライン銀行ですることもできます。

転出届

マレーシアに長期滞在する場合は、転出届を提出する必要があります。役所のホームページに必要なものが記載されているので、事前に確認しましょう。

物件探しとホテルの予約

マレーシアに長期滞在する場合は、物件を探す必要があります。物件が決まらないと焦りますが、マレーシアの不動産会社に直接連絡したり、物件見学に事前に行ったりするとスムーズでしょう。現地に行ってから物件の契約をする場合は、時間がかかる可能性があるので、ホテルを予約しておくと安心です。安く泊まれるホテルが多数あるので、確認してみると良いでしょう。

運転免許の更新

マレーシアに長期滞在する場合は、運転免許の更新を日本でするのを忘れないようにしましょう。運転免許の更新が近づくと、出国していても、日本へ帰国しなければならなくなります。事前に更新の期日を確認しておくことが大切です。

海外に長期で行く場合など、期間内の更新が難しい場合は、期日前更新をすることができます。また、指定された国であれば、国際免許で1年間運転できるので、車を運転する予定のある場合は国際免許を取得しておくと良いでしょう。

マレーシアに持っていかないものを日本で保管したい

マレーシアに長期滞在する際、日本での荷物の管理について迷う方もいますよね。
その方法をご紹介します。

トランクルームに保管

マレーシアに長期滞在する際、全てのものを持っていくのは不可能ですよね。日本で保管しておきたいものも出てくるでしょう。全てを処分してしまうと、帰国後1から揃えなければならなくなるので、負担になります。

日本で保管したいものがある場合は、トランクルームを利用しましょう。トランクルームに保管しておけば、家具や家電を帰国後使用することができます。また、アパートなどを解約してトランクルームを契約すると、結果的に費用を抑えることができるでしょう。

不要品は処理する

マレーシアに長期滞在する場合は、現地で調達できるものや不要品は早めに処理しておきましょう。余裕を持って整理すれば、オークションへの出品やリサイクルショップでの買取依頼をすることも可能です。

マレーシアへの引越し荷物。どうする?

マレーシアに長期滞在する際、飛行機を利用しますが、持ち運びできる荷物量には限界があります。マレーシアで手に入りにくいものは、国際便で送りましょう。国際便には航空便、船便がありますが、それぞれ費用、日数が異なります。荷物の準備は時間がかかるため、1ヶ月程度前から行うのがおすすめです。計画的に進めておきましょう。

まとめ

マレーシアに長期滞在する際は、出発前に必要な手続きが多数あります。計画的に進めておかなければ、スムーズに出国できなかったり、現地で不便になったりするので注意が必要です。現地で不自由なく生活するために、万全の準備を整えておきましょう。出発前の手続き、荷物の処理などやるべきことがたくさんあるので、早めに取り掛かることをおすすめします。