日本語を使ってマレーシアで働こう!おすすめの求人5選

eutah mizushima 2TlAsvhqiL0 unsplash 1024x683 - 日本語を使ってマレーシアで働こう!おすすめの求人5選

日系企業や日本食が多いマレーシア

マレーシアには、日系の企業や日本食のお店が多い国です。
親日派でも知られているマレーシアでは、風土的にも日本との親交が深い環境下にあり仕事も見つけやすいことで人気があります。
まずは、マレーシアでの仕事として考えられるケースを紹介していきましょう。

日本企業におけるマレーシアの仕事

日本の企業がマレーシアへ進出しているケースは少なくありません。
工場やIT系の企業など、さまざまな分野でマレーシアに支店を構えています。
こうした支社には、現地の方だけでなく日本人も常駐し管理にあたっているケースもあり、移住する際の就職先として選ばれることが多いです。

マレーシア現地雇用での仕事

マレーシア現地雇用でも日本人が就職しやすい仕事がたくさんあります。
日本文化や日本語学校の講師、天然ガスや石油タンカーに関するオペレータ業務など、日本人との対応が必要不可欠になる仕事には優先して就くことが可能です。
英語が日常的に使われているマレーシアですが、英語が苦手な方でも日本語を使いながら少しずつ覚えていける環境下なので、それほど言語の壁を感じずに就労することができます。

マレーシアの仕事でおすすめの求人5選

マレーシアの求人を検索すると、国内の求人並みにヒットするのには驚きです。
多くはオペレーターや工場での作業、中にはコンサル系の仕事も含まれていて日本と何ら変わりのない環境であることが分かります。
ここでは、そんなマレーシアでのおすすめの仕事を5つ紹介していきましょう。

BPO事業におけるオペレータ業務

マレーシアではBPO事業に携わる企業のオペレータ業務も、活発な求人活動を行っています。
中には、アメリカと韓国の企業が共同出資している会社もあることから、日本以外からのマレーシア進出を狙ったグローバルな環境であることが伺えますよね。
オペレータ業務では、オンラインのプラットフォームを使うユーザからの問い合わせ対応をするケースが多くコミュニケーション能力が求められます。
必ずしも英語ができないとNGではなく、日本語での会話ができればOKであることも少なくありません。
給与も日本円にして18〜20万円なので、現地で暮らすには十分な額であると言えます。

大手旅行会社のカスタマーサポート

大手旅行会社のカスタマーサポート業務も、マレーシアで人気の求人になっています。
電話応対のお仕事なので、英語での会話が必要になりますが日常レベルのスキルがあれば十分なので敷居は決して高くありません。
福利厚生も良く、多言語が話せることに対する手当てを設けている場合もあります。
また英語が話せなくても、無料で英語レッスンを受けることが可能な会社もあるので留学経験がない方でも安心して働けますよ。

IT系SEやプログラマーの業務

日本のIT企業が、クアランプールへ進出しているケースは非常に多いです。
支社では、現地のプログラマを雇っていますが日本人の技術者も多くいるので、そこまでコミュニケーションに困ることはありません。
またIT企業での業務内容には、プログラム独特の共通言語が使われるケースが多いので、英語が話せない方でも仕事に支障をきたすことが少ないと言えるでしょう。

総務人事系日本人の受け入れ教育

企業の総務人事系の職種では、人材の受け入れや教育に携わる仕事が多くあります。
同じように、マレーシアで就職する日本人に対して安心して仕事ができるようなサポートを行うのも総務人事系の仕事です。
同じ国の人間に対応してもらうと、安心して仕事を始めることができますよね。
次第に英語やマレー語を覚えていけば、グローバルな対応もできるようになるので自身のスキルアップにも繋がります。

日本語学校や日本文化に関する講師

マレーシアでは、日本文化や日本語に対して興味を持つ方が多くいます。
そんな方々に対して、ネイティブな日本語や日本の文化を講師として登壇できれば英語ができなくてもマレーシアで十分にニーズが深い位置に立つことが可能です。
まさに日本人としての力が発揮できる仕事と言っても良いでしょう。

マレーシアで仕事するための求人サイト

実際にマレーシアで成功おさめている人は、複数の求人サイトを活用しています。
日系の大手エージェントを活用すれば、給料や待遇が比較的しっかりした求人を紹介してもらえるのでワンランク上の仕事に就くことが可能です。
マレーシア現地のローカル的なエージェントさんに仕事を紹介してもらうことも可能ですが、やはり待遇や給料、サポートの面でどうしても劣ってしまいます。
ここでは、マレーシアでの仕事探しに便利な2つの求人サイトを紹介しましょう。

定番のリクルートエージェント

求人サイトとい言えば定番であるリクルートエージェントがおすすめ。
非公開求人なども多くある中で、海外求人数においては一般的な求人サイトと比較して数倍の実績があります。
マレーシアでの就職を考えている方は、まず登録して間違いありません。
やりたい仕事が決まっていなかったり、ビジョンが固まっていない状態でも登録することで具体的な目標が見えてくることもあります。
また、他の求人サイトと比較しつつ仕事を探して見るのも上手に就職するための手段です。

海外求人では外せないJACリクルートメント

海外求人を探す際に、どうしても外せないのが「JACリクルートメント」です。拠点が日本国内だけにとどまらず、海外に8拠点もある海外転職エージェントとしても有名。
マレーシアで就職をしたいのであれば、絶対にチェックをして損はありません。
具体的には、マレーシアの駐在案件や現地採用案件まで色んな求人があるので多くの選択肢から自分に合った環境を手に入れることができます。
30代から年収600万円以上を狙いたい方には、おすすめのエージェントです。

不安なら転職エージェントを活用しよう

マレーシアでの仕事が「うまく行くのか不安でどうしようもない」時には「転職エージェント」の利用がおすすめ。
転職エージェントは、対人で疑問点や不安を気軽に質問できて採用まで何でも相談できる相手です。
特にマレーシア自体が初めての人にとっては分からないことだらけなので、仕事以外のプライベートなことも相談したいところ。
例えばビザに関することや、自分の強みを生かすことの相談など色んな分野でサポートしてくれる存在です。
もちろん仕事内容や給料についても、ロジックや体制を含めて親身になってくれますよ。
夢に見たマレーシアでの仕事を成功させるためには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。

まとめ

最近では特にマレーシアへの移住者が多くなっていると言われています。
日本を離れるのに抵抗があるものの、増税や社会保険の増額など経済的な圧迫感が強くなっているのも理由の1つでしょう。
それだけではなく、地震などの災害が多くなっていたり時代遅れな子供の教育も考えられます。
加えて、進出している日本企業が多いことから、今後に向けてマレーシアで仕事する人は増えていくでしょう。
これを機に、国内の仕事だけでなくマレーシアでの就職を視野に入れてみても良いかもしれません。

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます

専門スタッフがあなたの海外転職を全力で応援サポートします!

海外就職がはじめてでわからない。そんなご不安もマレーシアの現地スタッフが、しっかりサポートいたします!就職準備から、生活面での不安やギモンにも全力でお答えいたします!

まずはお気軽にご相談ください!

無料相談する

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます