ボンビーガール出演!海外就職のプロに聞くマレーシア就職活動のポイント

トビビト 米澤咲さん

世界的に魅力ある移住先として知られているだけでなく、海外就職先としての知名度も高いマレーシアは今や日本人にとって魅力的な就職先のひとつとなっています。しかし、そうとは言っても一口に海外就職といっただけではなかなか具体的なイメージが湧きにくいのではないでしょうか?

そこで今回はテレビ番組のボンビーガールにも出演したトビビトの米澤咲さんに海外就職のプロとして伝授したいマレーシアでの就職活動のポイントについてお話を伺いました。

海外就職のプロに聞く!マレーシア就職活動のポイントとは?

海外旅行が好きだった父の影響もあってか海外を身近に感じていた米澤さんは立命館大学の国際関係学部に入学します。その後、国際協力に携わりたいという思いからフィリピンのNGOで働き、その後日系航空会社やフィリピンのベンチャー企業でPRやHR(人事)としてキャリアを積みました。現在では海外就職を支援する「トビビト」の創業メンバー及びコンサルタントとしてマレーシアでの日本人の就職活動の支援に携わっています。

テレビ番組ボンビーガールへの出演

―テレビ番組ボンビーガールに出演されましたが反響はありましたか?

米澤さん(以下米澤):結論から述べると反響は大いにありました。実際に問い合わせの数は以降爆発的に増えましたし、時には「ボンビーガールを見ました!」というお声もいただくことがあるので大変うれしかったです。また、この番組を見てマレーシアに対するイメージがいまいちピンと来なかった方にも、実は都会であるということを知っていただけたので「実際に住んでみたい」というお話もよく聞けるようになりました。

―マレーシアへ就職したいという人も増えたと感じますか?

米澤:やはり実際に出演させていただいたボンビーガールの影響もあってかマレーシアへ就職したいという方も増えたように感じています。特に20代女性や地方都市からの問い合わせが比較的に目に見えて伸びているように感じられます。「日本よりも生活水準を高められ得るのであれば住んでみたい」と就職について調べている方が多いのもその背景として考えられます。

とは言え、やはり「具体的にどのような仕事があるのか」であったり、特に若い方ですと「英語力をどこまで必要とするか」など、分からないことの方が多いのではないかと思います。少しでも分からないことがあればまずはトビビトに気軽に相談してください。こちらでサポートできることは徹底的にサポートさせていただきます。

応募するときのポイントと求人について

―実際にマレーシアの求人に応募するときのポイントについて教えてください。

米澤:はい、マレーシアの求人に応募するときに意識していただきたいポイントとして「就職期間」と「昇格チャンスが設けられているか」の2点が挙げられます。まず「就職期間」についてですが中には最低就職期間(※1)を設けている企業が多いです。あくまで短期で働きたいのかそれとも長期で挑戦したいのかをまずははっきりさせておくといいでしょう。

続いて「昇格チャンスが設けられているか」についてですが、実のところ就職活動を通してこのポイントは見落とされがちになっています。昇格チャンスがある企業で最も分かりやすい例を挙げると外資系企業になります。これは何故かというと各々の出した結果が評価に直結するためで、つまり、ステップアップのチャンスが多く転がっているとも言えます。

以上の2点のポイントを踏まえた上で、ご自身がマレーシアで働いている姿をはっきりイメージできるようになると、こちらとしてもより具体性を伴った提案や案件をご紹介できるかと思います。

(※1)最低就職期間:契約時に企業から指定される就職期間で、概ね最低半年〜1年程度であることが多いです。企業によっては最低就職期間を設けていないところもあります。

―最後に、海外就職のプロとしてオススメしたいマレーシア求人について教えてください。

米澤:はい、経験してきた職種やポジションなどによって選択肢はあるかと思いますが、マレーシア就職の第一歩としてオススメしたい求人はコールセンター(カスタマーサポート)になります。コールセンターと聞くと「待遇があまりよくないのでは」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実はマレーシアではかなり高待遇な求人案件となっています。

これは何故かというと、特に外資系企業では給与水準が高く設定されており、中には日本企業以上のところもあります。しかも物価は日本の1/3程度なので外資系企業よりは給与水準の下がるマレーシアのローカル企業であっても生活に困るようなことはまずありません。

また、よくお問い合わせいただく英語力についてですが、このような求人では「主に日本人を対象とした日本語によるカスタマーサポート」が主な業務内容になるため、正しい日本語力と丁寧な接客スキルがむしろ英語力以上に重視されます。主に日本人を相手に的確にサポートするという業務内容上、このような人材が求められると言う理由には確かに納得がいきます。

なお、コールセンターの業務には、電話対応の他、メール対応などの顧客管理が業務範囲に含まれているため、トビビトで求人を出す際には、コールセンターではなく「カスタマーサポート」という職種で募集しています。

以上を踏まえると英語力は不要と思われるかも知れませんが、必ずしもそうとは限りません。特にスキルアップを目指す場合であったり、同僚と積極的にコミュニケーションをとりたいのであれば英語はもちろん必要です。ただし、入社当初は英語がそれほどできなくとも働きながら、同僚とのコミュニケーションを通して生の英語に触れることで学ぶこともできますし、その機会は豊富です。その点からもコールセンター(カスタマーサポート)はマレーシア就職の第一歩として皆さんにオススメしたい求人です。

―ありがとうございました。

まとめ

以上、トビビトの米澤さんとのインタビューでした。改めてマレーシアでの就職活動で意識すべきポイントをまとめると、「どれくらいの期間でマレーシアで働きたいか」と「想定している就職先に昇格チャンスがあるか」の2点が大事なポイントになってきます。また、マレーシア就職の第一歩としてコールセンター(カスタマーサポート)があがりました。マレーシアへ就職したいと考えている方、まずはコールセンターから挑戦してみてはいかがでしょうか?

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます

専門スタッフがあなたの海外転職を全力で応援サポートします!

海外就職がはじめてでわからない。そんなご不安もマレーシアの現地スタッフが、しっかりサポートいたします!就職準備から、生活面での不安やギモンにも全力でお答えいたします!

まずはお気軽にご相談ください!

無料相談する

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます