【30代女性が活躍中!】マレーシアの女性向けの職業3選

kobu agency 7okkFhxrxNw unsplash 1024x683 - 【30代女性が活躍中!】マレーシアの女性向けの職業3選

マレーシアで働く女性達

マレーシアでは多くの女性が活躍しています。しかし、マレーシアで働く女性達の実情が気になりますよね。マレーシアでの平均給与、文化、職場環境などをご紹介します。マレーシアで働く際の参考になる情報があるのでぜひ見てみてくださいね。

ワークライフバランスを保てる

マレーシアでは家庭優先という考え方があるので、残業をすることがあまりありません。
そのため、家庭を持っている女性にとっては働きやすい環境が整っているでしょう。家族との時間を第一に考えるというのは、日本との違いです。日本では残業、休日出勤が当たり前という風潮がありますが、マレーシアではそのようなストレスからは解放されるでしょう。

人生の幅が広がる

マレーシアで働く女性は人生の幅を大きく広げることができます。英語力を高めることができますし、他国とのつながりもあるので、他国への就職も夢ではないでしょう。

マレーシアで働く女性が確認すべき項目

マレーシアで働く際には、事前に確認しておくべき項目があります。マレーシアで働く際は、職業によって求められる能力が異なるのです。自分の強みを生かせる職業に就くことでやりがいを感じることができますし、給与面でも有利になります。

どの程度英語力が必要か

マレーシアで働く際、職業によっては高い英語力を要求されるケースがあります。もちろん、英語力がそれほど要求されない職業も多数あります。就職する際は、どの程度英語力が必要かを確認しておくことが大切です。

英語力が高いと、職業の幅は広がりますし、給与面でも有利になるでしょう。英語を全く話せない場合は、職業が限られてくるので、思うように稼げないというケースもあります。また、マレーシアではマレー語が必要ではないかと考える方もいますが、就職の際マレー語を話せる必要性はほとんどありません。

多民族国家であるマレーシアでは様々な言語が使用されているため、英語が公用語となっているのです。マレー語が話せるよりも、英語力の方が求められる国と考えて良いでしょう。

マレーシアの文化を理解する

多民族国家であるマレーシアには様々な文化があります。文化を理解しておかなければ、トラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。マレーシアではイスラム教のノンハラル文化があります。ノンハラル文化では豚肉を食べるのが禁止されているので、イスラム教徒の前で豚肉を食べることは許されないのです。

飲食業、スーパーで働く際なども、そのような文化があることを知っておく必要があるでしょう。また、マレーシアでは家庭を最優先する文化があります。日本では仕事第一という風潮があり、なかなか家庭の事情で休むのが難しいケースもありますが、マレーシアでは、家庭を優先しないと非難されがちです。

家族が病気の際は仕事を休んで看病したり、子どもを優先したりするのは当然と考えられているのです。家族優先という文化を知らなければ、衝突する可能性があるので注意しましょう。

マレーシアの女性向けの職業

マレーシアの女性向けの職業をご紹介します。英語力や持っている技術によっても変わってきますが、多くの女性がマレーシアで活躍しています。自分に合う職業を探してみましょう。

製造業

マレーシアに進出している日系企業が多いのが製造業です。製造業に関しては、仕事の求人が多いので、比較的就職しやすいでしょう。日系企業の製造業に関しては、比較的供与面も良いので、人気です。福利厚生もしっかりしているので、女性が働きやすい環境が整っているでしょう。

カスタマーサポート(コールセンター)

カスタマーサポート(コールセンター)は、問い合わせに対応する仕事をメインで行います。英語が苦手でも就職可能で、多くの女性が活躍しています。マレーシアで働く際の最初のステップとして、カスタマーサポートにチャレンジするのはありでしょう。給与はそれほど高くはないですが、カスタマーサポートに就職しながらスキルアップしたり、英語を勉強したりする女性も多くいます。

営業

日系企業がマレーシアには多数進出しています。そのため、ビジネスをスムーズに進めるためにはやり取りしっかりできる営業職が非常に大切なのです。営業職に関しては、英語が必須なので、英語力を高めておく必要があるでしょう。多くの女性が活躍しているやりがいのある職業です。

ネイリスト/美容師

ネイリスト、美容師に関しては、国によって給料の相場が違いますが、マレーシアの場合は、給料が比較的高いでしょう。ネイリスト、美容師として軌道に乗って働くことができれば、貯金もしっかりできると言われています。また、ネイリスト、美容師は実力次第で給料を上げることが可能です。

ネイリスト、美容師に関しては現地でのコミュニケーションも重要になるため、英語力を高めておく必要があるでしょう。丁寧な接客をすると、その分実力を発揮する機会も増えます。

飲食業

マレーシアには日本からの移住者がとても多く、日本食レストランや日本人向けの外食チェーン店も多数あります。そのため、飲食店でのスタッフも必要になるのです。飲食業に関しては、それほど高い英語力は必要ないので、比較的チャレンジしやすい職業と言えるでしょう。

翻訳

翻訳に関しては、最も語学力が求められます。また、人との関わりも大切になるので、コミュニケーション力も必要でしょう。マレーシアで翻訳としての仕事をする場合は、マレーシア語の言語能力テストなどにチャレンジする必要があります。

また、英語力も必要となるので、TOEICなどの試験を受け、英語力を証明しなければなりません。様々な実績を元に、実力が認められれば、翻訳者として軌道に乗った仕事ができるのです。翻訳は、特別な資格が必要となるわけではないですが、それなりの経験、実績、語学力は必要です。能力次第では、女性が活躍できる職業の一つでしょう。

まとめ

マレーシアでは多くの女性が活躍できる環境が整っています。給与面も最低賃金は保証されていますし、物価は日本と比較して安いので十分に生活できるでしょう。語学力、技術力を持っているほど、職業の幅は広がります。また、日本とマレーシアでは文化に違いがあることを認識しておくと、トラブルを未然に防ぐことができます。マレーシアの女性向けの職業を知り、自分に合う職業にチャレンジすると良いでしょう。