マレーシアで人気の求人、コールセンターってどんなお仕事?

agent 18741 1920 1024x767 - マレーシアで人気の求人、コールセンターってどんなお仕事?

マレーシアの求人にあるコールセンターってどんなお仕事?

マレーシアの求人では、もちろんその分野における専門的な知識や経験が必要とされる職種もありますが、「コールセンター」と呼ばれる、いわば現地で初めて働く上での登竜門的な求人も数多く存在します。

これらの求人を詳しく見てみると、「日本人歓迎」や「語学不問」など、日本人であることがそのまま武器になりそうな魅力的な文字が…。

コールセンターの仕事の中身を一言で説明すると、「カスタマーサポート」という表現がぴったり!普段私たちが通信販売を利用する際に問い合わせする電話番号先がマレーシアになっていたり、あるいは保険や旅行商品の問い合わせ先にもなっていたりします。そのような日本からの(あるいはマレーシア国内からの)電話応対を専門に行う仕事が、コールセンターのメイン業務となります。

どんな企業にコールセンターの求人がある?

マレーシアに日本のコールセンターを設立するメリットとしては、やはり人件費の安さが挙げられます。マレーシア国内でいうと首都クアラルンプールはもちろん、最近ではペナン島でもコールセンターの求人を見かけたりします。

ですが一言で「コールセンター」と言っても、具体的に取り扱う中身は本当に多種多様。以下より少しだけ具体的な企業を挙げつつ、お仕事の中身をご紹介していきましょう。

大手通販会社

有名通販会社のカスタマーサポート部でのお仕事。マレーシアのコールセンターとしては比較的募集が多く、一度に複数のオペレーターを募集する場合も。通販会社のECで商品を出品している日本人のお客様からの問い合わせ対応が主なお仕事になります。

大手通信回線会社

日進月歩で経済成長が進むマレーシア。特にIT産業の成長は著しいです。この分野のオペレーターは慢性的な人手不足で、比較的好待遇で新規募集していることもしばしば。
具体的には、大手通信回線会社でIT関連のヘルプデスク(管理システムの不具合等の問題を解決する部署)として、問い合わせ対応するお仕事です。昼夜問わず問い合わせがあることから、24時間勤務のシフト制という会社も。

大手旅行関連会社

旅行比較サイトなどを利用したお客様からの問い合わせに対応するカスタマーサポートセンター。電話だけでなくメール等を使った業務が主です。海外資本の場合は日常会話程度の英語が求められることもありますが、何より旅行好きの人にとっては憧れのお仕事です。

コールセンターの仕事は語学力が必要?

コールセンターのお仕事の求人をしっかり眺めてみると、「未経験者可」や「語学力不問」などの文字が踊っているのが目につきます。海外で働くのにもかかわらず語学力は必要ないの?と感じる方も多いと思われますが、ことマレーシアのコールセンターに関しては基本、語学力はそんなに必要ありません。

というのも、その部署によっては上司は日本人、働いている人も日本人、という場合も少なくないからです。その場合ですと、会社でのコミュニケーションは全て日本語でできますよね。さらに応対するお客様が日本人ばかりという会社でしたら、日本語以外の言語を使用する機会さえありません。

一方で「中級程度の英語」が募集要項に含まれているコールセンターもあるのも事実です。外資系のコールセンターの場合、顧客は外国人、また職場でも英語が公用語として使われているという場合もあります。
ですがそういった場合でも語学の研修制度があったり、入社当初は日本語のみで可という条件のところも多いです。

コールセンターでの業務にあたっては、確かに語学力はあるに越したことはありません。ですがそれ以上に積極性ですとか明るさですとかが重要になってきます。

気になる!コールセンターの給与はどれくらい?

平均で6,000~7,000RMほど

給与に関しても、そこまで他業種と比較して低いということはありません。
マレーシアでは企業が日本人に就労ビザを申請する際に、最低5,000RM(約13万円)を支払わなければならないと政府が決めていることから、これ以下の待遇の求人は違法と言って差し支えないでしょう。

コールセンターに関していうと多くの給与帯で6,000RM~7,000RM程度、経験や内容次第では8,000RM以上という好待遇のところも少なくありません。

就労ビザがおりやすいBPO企業

マレーシア内で多くのコールセンターを運営しているのは、いわゆるBPO企業です。先に挙げた通り旅行系やECなど様々なカスタマーサポート系のプロジェクトがあります。

BPOとは「ビジネスプロセスアウトソーシング」の略で、マレーシアは政府がこういったBPO企業を優遇していることから、就労ビザが取りやすいのも特徴です。マレーシアのビザは大卒プラス3年以上の社会人経験が必須と言われていますが、BPO企業であれば極端な話新卒でも問題なくビザが取れるということが出来ます。

コールセンターは福利厚生も充実!

また、マレーシアのコールセンターの大きな特徴としてぜひ紹介したいのが、福利厚生が充実しているという点!

  • 各種医療保険完備
  • 日本からマレーシアへの
  • 片道航空券支給
  • 渡航後2週間程度の住居サポート
  • 英語レッスン
  • 有給休暇、傷病休暇

少なくとも上記の項目に関しては大抵のコールセンター企業では備えられていると思って差し支えないと思います。

マレーシアで働いてみたい!日本から応募できる?

日本在住時にマレーシアのコールセンターへの応募、内定までの流れに関しては、大まかに下記のようなイメージで行われます。

マレーシアの求人に応募

書類選考

電話面接

スカイプ面接

内定

マレーシアへ渡航

実際に応募してから書類選考後、面接(1~2回)、内定というプロセスまで、早い人ですと1か月程度の所要という場合も。面接のためにマレーシアへ行く必要もないため、金銭面でも大きな負担がない点は嬉しいですよね。マレーシアのコールセンターは慢性的な人手不足が続いていますので、内定率が高いというのも大きな特徴です。

ただし、内定後から実際に働くまでは時間的猶予はありません。内定後一週間で初出社してほしいという事例も。いざ内定を受け取ってからバタバタするのではなく、少なくとも書類選考が通った時点で少しずつでもマレーシア渡航の準備をしておくことを強くおススメします。

マレーシアの求人への応募にあたっては、就職サイト経由からの応募が一般的です。日本語での求人募集が掲載されていますし、たとえ今回の応募で不採用になっても応募者に相応しい求人を随時紹介してくれるので、末永いお付き合いが出来るようにしたいものですよね。

まとめ

どことなくクレーム処理とかブラックなイメージが付随するコールセンターという職種ですが、マレーシアで初めて働く場合にはぜひ検討していただきたい職種の中の一つです。
最近では夜勤シフトのお仕事や、逆に時短勤務のコールセンターも増えてきました。

いずれにしても決められたシフトで働くことが出来ますので、マレーシアで働く・余暇を満喫する、両方を楽しむうえではうってつけの職種と言えるのではないでしょうか。

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます

専門スタッフがあなたの海外転職を全力で応援サポートします!

海外就職がはじめてでわからない。そんなご不安もマレーシアの現地スタッフが、しっかりサポートいたします!就職準備から、生活面での不安やギモンにも全力でお答えいたします!

まずはお気軽にご相談ください!

無料相談する

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます