アクティブ派にオススメ。東海岸ティンギ島

マレーシア リゾート 秘境

 

ジョホール州の東海岸メルシンから船で行けるリゾート「ティンギ島」は、まだまだ知られていない穴場の島。マリンスポーツやリゾートステイにオススメです。(文と写真:マレーシアマガジン=野本響子)

 

ティンギ島へは、ジョホール・バルから約3時間。ジョホール州の東北部にあるメルシンの少し南にあるタンジュン・レマンからボートが出発します。同じ港からは、ティンギ島のほかシブ島へもアクセスできます。

 

ボートの乗船時間は、約30分。かなり揺れますが、しばらくするとティンギ島が見えて来ます。

 

マレーシア リゾート 秘境
ティンギとは、マレー語で「高い」という意味。その名の通り、島の中央にこの辺りではもっとも高い山があります。

 

マリンスポーツやハイキングなど、バラエティに富んだ島

 

今回は、ティンギ島のTAd Marine Resort(タッド・マリン・リゾート)に宿泊しました。海岸に位置するマリンリゾート。コテージが点在する三ッ星ホテルです。

 

マレーシア リゾート 秘境

 

会場からも、茶色いコテージとレストランの白い屋根。モーターボートで桟橋に着くと、コバルトブルーの海と白砂の海岸の中に、点在するコテージが見えて来ます。

 

ホテルにはコテージと2階建ての本館、レストラン、プールがあります。
マレーシア リゾート 秘境

 

 

コテージは一見簡素ですが、中は過ごしやすく。清潔なベッドとシャワー&トイレ、テレビ、デスク、クローゼットがあり、設備的には十分。Wi-Fiはレセプションの周りで使えます。

 

マレーシア リゾート 秘境

 

コーヒー&紅茶セット、水、湯沸かしポット、冷蔵庫もありました。

 

ホテルの前は白砂の海岸。この海岸の水は特に透明度が高く、砂浜もサラサラ。気持ちよくリゾート気分が味わえます。
基本的に、砂浜でのんびり過ごす、というのがオススメですが、プールで泳いだり、砂浜でアクティビティをやったり、という過ごし方も可能です。海の家や売店などはほとんどなく、静かに過ごしたい人に向いています。なお、ビーチには亀が産卵にやって来るそうです。

 

IMG_9547

 

アクティビティとしては、シュノーケリング、ジャングル・トレッキング、スキューバ・ダイビング、アイランド・ホッピング、釣り、カヤック、ビーチ・サッカー、バレーボールなどがあります。

 

ホテルの前にもすでに魚は見ることができます。今回は、ボートでティンギ島から少し離れたシュノーケリングスポットに連れて行ってもらったのですが、砂浜を主体としたサンゴ礁の島で、子供も遊びやすいのが特徴。足が届く浅瀬でもたくさんの魚を見ることができました。

 

IMG_9457

 

地元のマレーシア人にこのホテルのオススメ層を聞くと、「断然若者で、アクティビティーが好きな人たち」という答えが返って来ました。

 

レセプションに簡素な売店がありますが、必要最小限のものを売っている程度。必要なものは持参した方が良いです。

 

このホテルの特筆すべきところはご飯が美味しいところ。3食、ブッフェ形式で出ますが、ローカル料理を中心にどれも美味しかったです。

 

IMG_9540

 

 

ティンギ島という名前の由来ともなったSemudu山という死火山では、ハイキングができます。ここの滝は有名で、片道30分ほどで行くことができます。また、マングローブの林で蛍を見ることもできます。

 

IMG_9422

 

アクセス

ジョホール・バルやシンガポールからは車で2−3時間。ジョホール州東海岸のタンジュン・レマンという港からボートが出ています。

 

ジョホール 島

 

IMG_9563
タンジュン・レマンの港にはケンタッキーやちょっとした売店がありました。

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら