リアル脱出ゲーム「エスケープ・ルーム(Escape Room)」

IMG_4993

最近マレーシアで静かなブームになっているのが室内で行うリアル脱出ゲームだ。いろいろな種類があるが、今回はクアラルンプールのアチムズスクエアにある「エスケープ・ルーム(Escape Room)」を試した。(マレーシアマガジン=野本響子)

 

最近マレーシアで静かなブームのリアル脱出ゲーム。エスケープ・ルーム(Escape Room)はマレーシアに数店舗を展開するチェーンだ。密室の中で謎を解きながら鍵を見つけ、制限時間内に脱出する。今回は、クアラルンプールの中心地、タイムズ・スクエアの中の店舗に行った。支店によって遊べるシナリオが違うので、比べてみると面白い。タイムズスクエア店の場合は隣にシューティング・ゲームができる「Lasar Battle」があるので、同時に遊んでも良いだろう。

 

時間内に複数人で協力しながらクイズを解き、脱出する趣向なので、複数人で行くのがオススメだ。
ゲームのシナリオは9種類。難易度がそれぞれ違う。難易度は3から5まであり、5が一番難しい。好きなものを選んでスタート。制限時間は45分だ。

 

スクリーンショット 2018-10-23 15.37.33

 

ゲームの中にはアートをモチーフにしたもの、ジャングルをモチーフにしたものなど、さまざまなテーマがある。怖いものが嫌いな人はスタッフに聞いて、怖さ控えめなものを選んだ方がいいかもしれない。

 

IMG_5023

 

私たちが選んだのは、難易度4の「The Vampire Chronicles」。部屋は非常に暗く、最初からおどろおどろしいムード。

 

IMG_5032

部屋に入るとまずはスタッフによる説明があり、懐中電灯を渡されてスタート。部屋の中にあるモノをくまなく調べながら、ヒントを探し、問題を解いて行く。問題のヒントは英語だが比較的簡単なので、中学生程度の英語力があればなんとかなるだろう。どうしてもわからなければ、ボタンを押してヒントをもらうこともできる。

 

IMG_5031
IMG_5027
IMG_5043

 

注意深く暗い部屋を見て、ヒントを探し、次の部屋への手がかりを見つけるのがポイントだ。ネタバレを避けるため、これ以上は控えるが、私たちは複数ある部屋の最後までいったものの、最後の謎解きは、正直かなり難しかった。

 

IMG_5070

 

チームメイトとの協力も必要になるので、仲間同士で行くのが吉。中は冷房がきいているので寒がりな人は上着を忘れずに。金額は時間帯と曜日によるが、一人RM33.90-38.20と変動する。

 

http://www.escaperoom.com.my/kl/
info@theescapemaze.com
General Inquiry: +603 2110 4796, Corporate Booking: +6019-3811090
Address:
Berjaya Times Square Shopping Mall, 07-96, 7th Floor, Entertainment Podium, No. 1, Jalan Imbi, Kuala Lumpur 55100 Malaysia

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら