クアラルンプールシティーギャラリー Kuala Lumpur City Gallery

Screen Shot 2016-03-08 at 11.28.15 PM
 

町歩き派の観光は、ここからスタート。ひときわ目を引くI LOVE KL♪

 
マレーシア独立記念の象徴でもあるムルデカ広場の一帯は、歴史保全のために残されたヘリテージ建築が点在しています。この辺りを観光するなら、まず始めに訪れて欲しいのが「クアラルンプール シティー ギャラリー」です。今やマレーシアのお土産の代名詞ともなりつつある「ARCH」がギャラリーを運営。場所は広場の一等地である、マレーシア国旗掲揚等のすぐ脇。旧連邦事務局もすぐ目の前です。
 
2016-02-21 16.03.33
IMG_1340
 
こちらのギャラリーは私設ながら、使い勝手はなかなか。ヘリテージ建築の予備知識を得られる、プチギャラリーと館内無料ガイド、町歩きに必須のドリンク販売に、レンタル自転車まであります。特に自転車レンタルはヘルメットもついて、利用価値は高め。この周辺は歩道もあるので、KL市内の中でも比較的楽に自転車に乗る事が出来ます。レンタル料金も4時間30RMとリーズナブル。受付の大きな地図でコースを決めて行きましょう。
 
IMG_0079
2016-02-21 15.31.09
 
入場料を払って中に入ると、KLの歴史が学べる展示物がずらり。2階にはKL市内の巨大ジオラマがあって、KLの街の規模が体感出来ます。
 
2016-02-21 15.33.16
11113
2016-02-21 15.44.42
 
ギャラリーを鑑賞した後にはもちろん、「ARCH」製品が購入出来るショップも。ショップ入り口付近では、ARCH製品を制作する様子が見られます。0.6ミリ程の木片を合わせて作る奥行きある作品は、本当に一つ一つが繊細で、旅の思い出にもピッタリですね。
 
IMG_1352
 
主に都市のシンボルや模型が作品化されていますが、風水を好む人にも喜ばれそうな漢字モチーフの作品や、気軽に貰えるブックマークやノートなども充実しています。マレーシアには美しいヘリテージ建築がいくつもありますが、そのミニチュア版も、いくつも再現されています。
 
2016-02-21 15.49.02
2016-02-21 15.49.16
 
他にアート好きの人にもオススメのモザイク模様のレターセットや、マレーシアの人気風景写真家ハワード・タン氏のレターセットなども購入可能。
 
2016-02-21 15.48.52
33333
 
KLで歴史を覗く観光はしたいけど、どこに行くべきなのかわからない。そんな時に、まずはここへ向かってみましょう。KL観光では見逃したくないILOVEKLのモニュメントでまずは記念撮影を♪
 
2016-02-21 15.30.39
 
 

☆クアラルンプール シティーギャラリー周辺案内☆

 
1515
 
 
①クアラルンプールシティーギャラリー(Kuala Lumpur City Gallary)
広大なオールドタウンを自転車でまわるならまずここへ。地図やパンフレットなどが豊富なので、情報収集にも便利。
IMG_1341
 
 
②レストラン ワリサン(Restoran Warisan)
1立派な門構えとは裏腹に、アラカルトが16RM〜とリーズナブルなプライスで楽しめるカジュアルなマレーレストラン。11am-9pm。予約あり、無しどちらもOKです。1919年に建築。元々は国立歴史博物館でした。
IMG_1338
 
 
③マレーシア独立広場(Merdeka Square)
イギリス統治時代はクリケット場として使用されていた広場。1957年8月31日、マレーシア初代ラーマン首相が独立宣言をした広場として、以後国民にとっては非常に重要な場所となっています。※小さい③は国旗掲揚塔。高さは100メートル。掲揚塔としては世界一高いそうです。
IMG_1360
 
 
④スルタン・アブドゥル・サマド・ビル「旧連邦事務局」(Federal Secret Ariat)
イギリス人A.Cノーマン設計の元連邦事務局。レンガで出来ているムーア様式のビルは、イギリス統治時代の最高傑作と呼ばれるもの。祝日や週末にはライトアップした建物を見れるので、週末、祝日の夕方〜訪れるのがオススメ。1897年建築。
IMG_0227
 詳細記事 スルタン・アブドゥル・サマド・ビル/旧連邦事務局
 
 
⑤ムルデカレクリエーション公園
特別な観光地ではないものの、うつぼかずらをモチーフにした噴水が、しばしば話題になる公園。2016年現在は改装中です。
IMG_1363
 
 
⑥マスジッドジャメ(masjid Jame)
クアラルンプール市内最古のモスクホワイトで統一された建築が大変エキゾチックで美しいモスク。モスクの裏側は、クアラルンプール(泥の交わる場所)の名前の由来となっている2つの川が交わる場所。裏側の橋からの眺めも大変きれいです。
2016-02-21 15.26.30
詳細記事 マスジッドジャメ
 
 
⑦セブンイレブン
ムルデカ広場を取り囲む様にして歴史的建築物が並んでいるため、店はかなり少なめです。旧連邦事務局の角。水分補給にATMに、何かと便利なコンビニ。
 
 
⑧マイディン(MYDIN)
ほぼ100%ローカル向けスーパー。ご当地もののマニアックな調味料やスパイスなどは大量のお土産を購入するのにも便利。下町なので、日が暮れる前にGO!
IMG_0268
 
 
⑨ロイヤルセランゴールクラブ
マレーシアのハイソサエティーが集う社交場。会員同伴であれば、非会員も入場可能。
IMG_1335
 
 
⑩セントメリー教会(The Cathedral of St.Mary)
ゴシック建築が美しいカトリック教会。1894年建築
IMG_0235
 
 
⑪クアラルンプール テキスタイル美術館(Muzium Tekstil)
他民族国家マレーシアで見られる伝統衣装や刺繍を鑑賞。中国とマレーが交じったババニョニャスタイルやインド衣装のサリー他、マレー系の正装などなど豊かなマレーシアの服飾文化を学んでみるもの楽しい場所。元々は鉄道事務局だった建物。併設のカフェが雰囲気も良く人気です。1905年建築。
IMG_0200
詳細記事 クアラルンプール・テキスタイル美術館 
 
⑫セントラルマーケット(Central Market)
マレーシア土産なら何でも揃うお土産屋さんの宝庫。ナマコ石鹸やバティックなど、ベーシックなマレーシア土産から、中東、中国、インド、などなど様々な国のグッズも豊富です。
詳細記事 セントラルマーケット
7676
 
 
【クアラルンプールシティーギャラリー】Kuala Lumpur City Gallery
No.27, Jalan Raja, Dataran Merdeka, Kuala Lumpur
☎603-2698-3333
営業時間 8am-6pm 年中無休
MAP


大きな地図で見る

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら