【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

image2 1024x767 - 【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

 

クアラルンプール・バンサーにあるバンサービレッジ2。ここにあるスターバックスの店舗は、一見どこにでもある何の変哲もないスターバックスですが、「世界一静かなスターバックス」として有名です。(マレーシアマガジン=ふくだたろう)

 

クアラルンプールのバンサーにあるショッピングセンター・バンサービレッジ2。その2階にスターバックスの店舗があります。一見どこにでもある何の変哲もないスターバックスですが、「世界一静かなスターバックス」として有名です。

 

世界一静かと言われるその理由は、スタッフのほとんどが聴覚に障害(Deaf)があり、注文などのコミュニケーションは基本的に手話を介して行われるからです。

 

店舗は2016年に世界で初めてのDeafの方によるスターバックスとしてオープンしたそう。壁にはその理念が掲げられていました。

 

image4 1024x767 - 【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

 

「我々の目的は、Deafの暮らしを豊かにすることにある。雇用機会だけでなく、さまざまな機会を提供することで、彼らに自信と自尊心を与えたい・本店舗を訪れた知覚障害を持たない人にも、手話を学ぶきっかけを与えたい」

 

オープン約1年前、当店の後のマネージャーとなるムハンマド・アイザド・アリフィンさんによりこのアイデアは生まれたといいます。当時すでにマレーシアで働いていた3名のDeafのスタッフを集め、オープン時には10名のDeafスタッフを雇用したそうです。

 

https://www.star2.com/food/food-news/2016/07/22/starbucks-1st-store-dedicated-to-hiring-deaf-baristas-is-right-here-in-malaysia/

 

コミュニケーションは指差しで

 

店員さんたちが手話で会話をしています。

 

image1 1024x767 - 【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

 

コミュニケーションは基本的に手話や指差しで行われますが、手話がまったく分からない筆者でも簡単に注文できました。

 

注文方法 1.カウンターに置いてあるメニューを指差す。 2.メニューで、ホットかコールドを指差す。 3.お金を払う。 4.ドリンクを受け取る。 5.ありがとうのボディ・ジェスチャー。

 

紙でも注文ができるみたいですが、筆者の滞在中に使用している人は見受けられませんでした。

 

いつも通りのおいしいコーヒー

 

image3 1024x767 - 【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

 

 

image5 1024x767 - 【バンサー】マレーシアの「世界一静かなスターバックス」”Proudly Served by Deaf Partners”

 

なお、手話スターバックス限定のタンブラーやマグカップも販売されています。

 

この手話を使ったスターバックス、2018年には、アメリカのワシントンDCに手話スタ-バックス2号店がオープンしました。2019年には、中国の広州にも3号店がオープン。スターバックスのFacebookによると、ペナンにも出店予定だそうです。

 

マレーシアと手話教育

 

マレーシアでは、1964年に初めてMr. Tan Yapにより手話教育が開始されました。ジョホールバルにマレーシアで初めてのDeafのための学校を設立し、Deafの子どもたちや、教育を受けられなかった大人たちに教育の機会を与えたそうです。

 

Starbucks @Bangsar Village 1, Jalan Telawi, Bangsar Baru, 59100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur 営業時間:月~日 8:00-23:00

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら