【ラブアン島】水上集落(Patau Patau 1 Water villadge)

IMG_6498

 

ラブアン島は小さい島だが見所が多い。ブルネイ発祥と言われるこの水上集落もその一つ。人々の生活ぶりがみられるのも楽しい。ラブアン観光局の勧めで訪れた。(マレーシアマガジン=野本響子)

 

ラブアン島に来たらぜひ訪れておきたいのが、マレーシアには珍しい水上集落だ。水上集落にはいくつかあるが、今回行ったこの水上集落の名前はパタウ・パタウ1という。

 

住民たちは1930年代ごろにブルネイからきたマレー人が多く、伝統的に水上集落に住む伝統があったのだそうだ。第二次世界大戦では一度破壊されたが、その後再建設されている。

 

駐車場に車を停めると魚の匂いが漂ってくる。ここが村の入り口だ。

 

駐車場を出るとすぐ、木の杭の上に歩道を作った独特の水上集落になる。それぞれの家には入り口までの道があり、ボートにすぐ乗れるようになっている。

 

 

IMG_6418

漁業で生計を立てる人々の暮らしがみられる

 

住民は主に漁業で生計を立てており、村には生活に必要なものが一通り揃っている。なお、水上集落といっても、陸地と続いているので、車を持っている住民もいるようだ。

 

IMG_6475

 

なお水上タクシーを利用し、RM1で対岸まで乗ることができる。モスクや集会所も見られた。なお、いくつかホームステイ(民宿)も可能で宿泊することもできる。

 

IMG_6462
IMG_6483

 

こぢんまりした水上集落だが、奥にいくと花で飾られた家が多く、色彩豊かだ。。

 

IMG_6446
IMG_6481

 

水上集落の基礎に使われる柱には特別な木材を使用している。他の木材とは異なり、この木材は水に濡れると強化されるのだそうだ。ただし、値段は普通の木材より高いのだとか。
クランのケタム島などにも似たような場所がある。ただ、規模と実際の生活の場になっている点で、ラブアンの水上集落が随一と言ってもいいそうだ。

 

Patau-Patau, Kampung Patau-Patau 2, 87000 Labuan, Wilayah Persekutuan Labuan

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら