CHINA TIGER

 
 
思い出ってやってくるもの?創るもの?新たな自分のスタイルをくれる宿を発見!
 
世界遺産に登録されているジョージタウンに位置するリトルインディア。
そこからCHINA STREETと呼ばれる小径に入ると、雰囲気の良い宿を発見。
ここはKL生まれのアーティスト、レベッカダケットさんが
自らの住まい兼「ペナンを訪れる旅行者達を招き入れるための宿」として改装した
プチホテル「CHINA TIGER」。
2軒連なっている宿は、それぞれ別の時代に建てられていて
1軒は1840年代、2軒目は1940年代に建てられたのだとか。
 
IMG_4210
 
 
今回の旅で一家が泊まったのはNO,29のギャラリー上階にあるStudio Apartment。
玄関を開けた瞬間に、ワクワクする様なこの感じ。
優雅とはほど遠い階段だけど、ついに小さい頃から雑誌で見た、
憧れの「ボロかっこいい」生活にお邪魔するチャンス到来!?
 
IMG_4051
IMG_4065
 
「やーん♡かわいい!!!」「ひっろーーーい!!!」
玄関を開けた瞬間に現れるのは我が家のような、チビッコ大移動みたいな一家でも余裕で過ごせるスタジオ。
広さはなんと約1,300sqfですってビックリ!!
走り回るチビッコ3人にストレスを感じない広さってなかなか出会えないんです。
そのうえガランとした寂しさもなく、カラフルですごく落ち着くこの空間、
さすがアーティストがデザインした部屋は素敵ですねぇ☆
 
IMG_4217
 
 
IMG_4060
 
で、貧乏性のワタシはすぐ主婦目線で部屋を物色。
キッチンにはサービスアパート並みのキッチン設備が揃っていて、
さらにパンとかシリアルとか牛乳とかフルーツなどなど。
これらは全て無料サービスなんだそうで、サービスと言うよりも
レベッカおばちゃんのお世話って感じのセレクションに、何だかホッとしちゃいました。
テーブルにはちゃんとペナン案内の雑誌が沢山並んでるし。
早速子供にジュースを与えてコーヒー作って無料WIFIを繋いで、
しばしの間体力を回復。
食器一つとってもオシャレだと本当に良い気分ですわ、ムフフ♡
 
IMG_4056


 
シャワールームはオシャレな白黒タイル。
シャワーが湯沸かし器って言うのはマレーシアの定番スタイルで、オシャレとは言えないのですが、
中級ホテルのシャワーと違ってお湯がずーーーと出てくれるので、これはこれでアリ。
アメニティーは写真の石鹸の他に、
使いかけのでっかいシャンプー&リンス・ボディーソープが置いてありました(笑)
コットンとドライヤー、綿棒はあったものの歯ブラシはなかったので
徒歩20歩くらいの所にあるインド過ぎるスーパーで購入。
 
IMG_4066
IMG_4069

 
ちなみにこちらは世界遺産のど真ん中なので、どこを歩いてもノスタルジックな雰囲気に溢れています。
子連れも良いけどデートとか撮影旅行にはもっと最高かな?
今回わたし達は、あてもなく街を歩いたのですが(しかも子供がブーブー言わない程度に)
オシャレーなカフェで美味しいケーキを頂いたり
 
IMG_4157

 
突然アートに出会ったり
 
IMG_4167
 

 
コロニアル風の建物からジャズが流れてくるのを楽しんだり
 
IMG_4298
 
 
かと思えばギンギラギンに着飾ったヒンズー教の牛が突然現れたり!!!!
 
IMG_4263
 
まさにカオス♡
 
アメニティーや設備は、当然高級ホテルとは比べ物にならないこちらのプチホテルですが、
レベッカさんの気取らないホスピタリティーや随所に見られる
こだわりのインテリアに、私達一家のモチベーションもアゲアゲ状態になりました☆
オシャレ好きなら誰もが一度は憧れるボロかっこいいこのお部屋
 
IMG_4109
 
 
暮らす様に過ごしたい。
今度は長めに戻って来たいと思いまーす♡
1階にはレベッカさんセレクトの、セレクトショップもあり。
こちらもセンスが良くってオススメです♪
IMG_4120
 
【CHINA TIGER】
No29, China Street, Georgetown,10200 Penang
☎604-264-3580
公式HP;http://chinatiger.info/ 
MAP


大きな地図で見る
 
 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら