マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺(ケックロックシー)

gokuraku-ji

 

ペナン島の極楽寺(ケックロックシー)はマレーシア最大の仏教寺院。山の斜面を利用した寺院で、内部はケーブルカーで結ばれるほど広大だ。

 

山の斜面を利用した12万平方メートルもの壮大な敷地にさまざまな様式の建物が並ぶ。そのさまは、厳かな寺院というよりは、むしろ仏教のテーマパークのよう。

 

極楽寺1[/caption]

 

極楽寺
パゴダ

 

中でも30メートルある「パゴダ」が見もので、中国、タイ、ビルマの3様式を組み合わせて作られたのだという。そのほかにも色々な寺院が立ち並んでおり、内部の違いを眺めるだけで時間が経ってしまう。

 

極楽寺の広大な敷地にはケーブルカーも

 

ケーブルカー

 

ペナンヒルに行く途中、道沿いから極楽寺が見える。この寺院群は急な斜面に立ち並んでおり、建物は階段でつながっている。頂上にある仏像をみるためには、専用のケーブルカーで頂上に上がる。頂上からはペナンの景色が一望できる。

 

中華正月にはライトアップで幻想的に

 

極楽寺ライトアップ (1)

 

毎年、中華正月期間中にはライトアップが行われる。1万個以上のライトが使われる壮大なライトアップで、この期間は特別に夜も内部が公開され、幻想的な写真を撮ることができる。この期間は大勢の人で混雑する。2018年の公開期間は2月15日から3月2日まで。

 

gokurakuji3
撮影協力:久野 江美さん

 

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら