【ポート・ディクソン】バイタル・ヒラル天文台

1

 

ポート・ディクソンのバイタル・ヒラル天文台は、イスラム教議会の管理下にある天文学の研究施設だ。(マレーシアマガジン=かりわめぐみ)

 

ヌグリ・スンビラン州のポート・ディクソン、「タロ・カマン」にある「バイタル・ヒラル天文台(Balai Cerap Baitul Hilal)」に行ってきた。この天文台は、ヌグリ・スンビラン州の「イスラム教議会(egeri Sembilan Islamic Religious Council)」の管理下にある天文学の研究、教育、観測を目的とする施設だ。主に太陽と月の観測をしている。

 

DSCF2529

 

こちらの施設では、お祈りの時間やラマダン開始時期を計算するために、天体の研究が行われている。バイタル・ヒラルは1970年代初頭、ラマダン断食の日付を決定するために月の観測をする場所の1つになった。マレーシアには8つの観測所があるが、一般公開されているのはこの施設のみ。

 

ドームには3つの望遠鏡があり、その一つはマレーシア最大の大型望遠鏡。アメリカ製の24インチの望遠鏡は東南アジアでも有数の設備である。天体観測のほかにはウェザーステーション(気象観測機器)、360度パノラマ写真が撮れる全天球カメラがある。

 

DSCF2538

 

屋外には、観測用太陽望遠鏡がある。肉眼では見ることのできない太陽の表面を、強力な減光フィルターによって観察可能だ。この望遠鏡は609㎜で、カセグレン式望遠鏡(反射望遠鏡)の一種として使用されている。

 

DSCF2541

 

望遠鏡は3メートルの天体観測ドームの中にある。ドームの位置は時計回り、または反時計回りに360度回転し、望遠鏡の位置に応じて屋根が開く。

 

DSCF2557

 

天文台では、さまざまな観測プログラムを開催している。現在、公式ホームページを制作中で、2019年6月には開設するという。

 

「Balai Cerap Baitul Hilal」
https://telok-kemang-observatory-port-dickson-negeri.business.site/
Lot 4506
8, Jalan Pantai,Tanjung Tanah Merah,71050 Port Dickson,Negeri Sembilan,Malaysia
電話:06-648 7888
営業時間:月曜から日曜 3:00 – 5:00 PM, 10:30 PM – 12:00 AM
入場料:無料

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら