【プトラジャヤ 伝統農業農園】Taman Warisan Pertanian

 
ベストシーズンは乾期の7月後半から11月。
フルーツ園にはナルホドがいっぱい!
 
盆地で日射しの強いプトラジャヤは、様々なフルーツがたわわに実る場所でもあるようです。
こちらは観光地としてはどちらかと言えば地味な存在ですが、
年を重ねると何故か植物の不思議に心惹かれるもの。
今回は、南国のフルーツの不思議をこの目で確かめるべく、フルーツ農園へ行って来ました!
 
フルーツ園の前にはちょっとした飲食スペースがあり、
ランチを楽しんでいるファミリーも沢山いました。
週末は結婚式場としても機能するらしく、運が良ければマレー式の結婚式も見れるかも☆
園内にお店は一切ないので水分補給は十分に、お水などもここで買ってから行きましょう。
 
4242
IMG_9531
 
中に入ると早速フルーツがお出迎え。
今は2月、残念ながらフルーツのベストシーズンにはまだ早いため、
フルーツが生っている種類は少なめでした。
それでもマレーシアでよく見る「龍目(ロンガン)」や、サトウキビ、バナナやコーヒーなどなど
日本ではあまり見かけない植物に「ヘー!!」と感心しきり。
日射しがきつくて歩くのも大変な午後3時でしたが、
ナゼナゼが最近爆発中の6歳の息子は飽きもせず歩いてくれました。
 
4545
IMG_9580
IMG_9578
 
下の2歳、4歳の子供達は車でパパとお昼寝タイム。これが大正解でした。
小さな子供にこの日射しはちょっとキツ過ぎます。
小学生高学年になると、これまた「暑い」と文句が出るかも・・・。
もしも連れて来るなら午前中、バギーを持ってのお出かけがオススメです。
 
フルーツのベストシーズンには早いこの時期のハイライトはこちらでした。
木が疲れてしまうのではと思う程大きなジャックフルーツ!
これは収穫せずにそのまま放置しておくと、1メートルほども大きくなるのだとか。。。
子供の手の届く所にまで実がたっぷり生っていて、大興奮。
 
IMG_9542
IMG_9550
 
他には実がないけれど、こんなヘンテコな木に生えているのね・・・。
と思ったウォーターアップルの木や、
 
IMG_9538
IMG_9539
 
「ギャ!!お墓!!」息子と腰を抜かしそうになったけど、
よく見たら傾斜で育てるらしいドラゴンフルーツの添え木だったとか。。
 
IMG_9571
IMG_9572
 
一つ一つ子供の記憶が増えて行くのはやっぱり嬉しいです!
私も勉強になりました!
 
IMG_9589
IMG_9590
IMG_9565
 
今回、息子に「何が一番ビックリした?」と聞くと、答えはやっぱりゴムの木。
私もです。実際見ないとわからない変な感じ。
 
IMG_9584
IMG_9588
 
白い樹液を触ってみると、本当にゴムそのもの。ビヨーーンと伸びます。
これがガムになったり輪ゴムになるなんて、本当に不思議。。。。
 
暑いし、伝統農園なので地味だし、、、それでもやっぱり自然の不思議は面白いもの。
今度はベストシーズンにまた戻って来たいと思います!!
 
 
【プトラジャヤ 伝統農業農園】Taman Warisan Pertanian
No.7, Jalan P16, Presint16, 62150 Putrajaya
☎603-8887-7772
9am-7pm 入場料:2RM ※バギー貸し出し20RM(1週間前までに要予約)
公式HP:http://www.ppj.gov.my/portal/page?_pageid=311,1&_dad=portal&_schema=PORTAL#2650
MAP


大きな地図で見る

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら