【ペタリン・ジャヤ】ガレージ跡地の”コンバージョン”カフェ「ガレージ 51」

1

 

「ガレージ 51」は、ペタリン・ジャヤのサンウェイ地区にある車のガレージを利用した「コンバージョンカフェ」。サンウェイ大学の目の前にあります。(マレーシアマガジン=かりわめぐみ)

 

「ガレージ 51」は、ペタリン・ジャヤのバンダー・サンウェイ地区にある車のガレージを利用した「コンバージョンカフェ」です。

 

”コンバージョン”とは既存物件を最大限に生かして、別の店として営業すること。カフェの名物は、メルボルン仕込みの本格派コーヒーと、個性的なタワードリンク「Garage Messed Up Family」。明るい店内は多くの若者で賑わいます。

 

2

 

外壁に描かれた可愛らしいイラストがカフェの目印。タイヤショップや自動車用品のショップロットに囲まれていて、モナッシュ大学が近く、サンウェイ大学の横にあります。

 

DCIM100GOPROGOPR1404.JPG

 

カフェの前には、真っ赤に塗装された廃車が置いてあります。こちらも絶好の写真スポット。路上駐車のいない時が撮影のチャンスです。

 

こだわりのスペシャリティコーヒー

 

4

 

オーナーのChoong Kar WaiさんとKar Hengさん兄弟は、オーストラリアでバリスタの勉強をした後、地元マレーシアにメルボルンのカフェ文化を持ち込みました。メルボルンといえば、オーストラリアの第2都市で、カフェ発祥の地。兄弟は、コーヒー文化がまだ未熟なマレーシアに、初期段階で「スペシャリティコーヒー(高品質のコーヒー)」を持ち込んだ人物として有名です。

 

おススメはブラックコーヒー

 

ブラックコーヒーは、100%アラビカ豆の「ソシエテブレンド」を使用しています。東南アジアのコーヒーは、”甘く飲む”ことを前提に深煎りすることが多いですが、ソシエテブレンドはローストしすぎず、豆本来の味を楽しめます。

 

食事も、ブレックファーストやパンケーキ、スパゲッティ、スナックなど、メルボルン風のメニューを用意しています。

 

甘党必見「Garage Messed Up Family」にチャレンジ!

 

5

 

ガレージ 51の名物といえば、「Garage Messed Up Family」シリーズ。シェイクの上に生クリームを乗せて、シリアル、オレオ、チョコパフ、チョコソース、ビスケットなどを組み合わせたパフェ風ドリンクです。

 

シリーズは、チョコレート&ピーナツバターベースの「The Father」と「The Son」、抹茶ベースの「The Mother」、ミルクセーキベースの「The Daughter」の4種類があり、価格は RM 18.90です(2019年7月現在)。

 

6

 

グラスの外側までコーティングする徹底ぶりは圧巻。ハイカロリー摂取待ったなしのド迫力ドリンクをお試しください。(私は途中でギブアップしました…。)

 

自然光溢れる店内は学生たちの憩いの場

 

ガレージの環境を最大限に生かした店内は天井が高く、開放的です。窓際の座席は大きな窓から自然光が射し込み、明るい雰囲気。2階席は柔らかい照明で、テーブル数は少なく静かに過ごせます。その日の気分によってお気に入りの場所を選んでくださいね。

 

個性的なドラム缶家具や特大コンテナキッチン

 

7

 

店の奥には巨大な積載コンテナがあります。コンテナの中はキッチン、上部は2階席と、面白い作りになっています。工場用品をリサイクルしたドラム缶の席や、ドラム缶の物置はビンテージな雰囲気を演出しています。

 

8

 

Garage 51 地図 
51、Jalan PJS 11/9、Bandar Sunway、Petaling Jaya、Selangor
連絡先:03 – 5612 5618
営業時間:11 AM – 11PM
ウェブサイト:http: //cc.garage51my.com/
Facebook:www.facebook.com/Garage51MY

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら