南国で虫を減らして快適に生活する方法

南国生活でどうしても防げないのが「虫」。家にもたくさん隙間があるからか、あらゆるところから虫たちがやってきます。一見ピカピカに見えるコンドミニアムでも同様です。

高層階でもお構いなくやってくるのが、ハエ、蚊、アリ、蛾、ゴキなどいろんな虫です。効果のある方法をご紹介します。

ゴキブリ対策

ゴキブリは出るところには本当出ます。
住居によっては、いくら部屋内を駆除してもあちこちから侵入されてしまうようです。
日本のホウ酸団子をおくのも手ですが、効かない場合もあります。
その時は、マレーシアには害虫の駆除業者がいるので、呼んで薬を散布してもらうと良いでしょう。

有名なのは「Rentkil」ですが、ここは毎月、定期的に害虫対策をしてくれます。また、小規模な業者もたくさんいます。費用の目安はだいたい一回100-300RMと幅がありますが、業者によっては、侵入経路なども見てくれ、種類も特定してくれます。

ただある害虫駆除業者によると、地域によってはすでに下水にゴキブリがたくさん住み着いていて、打つ手がないところもあるそうです。
死体がエレベーターやゴミ置場にある場合、その建物は「出る」と思って間違い無いでしょう。

排水の状態が悪いと、駆除したところでどうしようもないみたいです。

蚊対策

蚊はデング熱を媒介するので厄介です。
蚊取り線香なども売っていますが、今ひとつ効きません。
蚊よけスプレー、蚊取り線香、蚊を避けるベープのようなもの、いろいろあります。
また、蚊帳を釣るのも一つの対策法です。

評判が良いのが、日本の「蚊のいなくなるスプレー」。
これはもシュッとスプレーしておくと見なくなります。
マレーシアにも売っています。

アリ対策

アリはそんなに悪いことするわけじゃないのですが、放置すると増えます。マレーシア在住日本人の間では「アリメツ」が高い支持を得ています。