マレーシアでのインターネット接続(住宅/固定式モデム/WIFI)

東南アジアの中で快適なマレーシアのネットインフラ

 
マレーシアでのネットインフラは東南アジア周辺諸国に比べ、かなり整っています。おおよそのハンバーガーチェーンやコーヒーショップではWIFIが誰でも使え、KL市内の新規レストランではWIFIの設置が義務づけられたため、旅行でマレーシアに訪れる方にとってはとても利便性が高くなりました。また、現在日本とマレーシアを結ぶ海底ケーブルも繋がる予定で、ますますネットインフラに対する動向から目が離せません。
 
長期滞在する場合には、ネットを住まいに接続する事が必要になって来ます。マレーシアで提供しているサービスは、ADSLか光回線。ネットサーフィンやメールのみで過す方、動画を沢山見る方、それぞれに合ったプランがありますので、上手に選びましょう。
 

マレーシアで契約出来る人気のインターネット会社

 
マレーシアのインターネット・プロバイダー一覧(光回線)
 
テレコム TM UNIFI
TMのUNIFI(ユニファイ)と言うマレーシア最大手インターネットサービスでは、
VIPと呼ばれるパケージを取り揃えています。
UNIFIは、KL近郊だけではなくマレーシア全体で普及しているプロバイダー。
 
-IPTV(ブロードバンドを利用したコンテンツ配信)
-光回線インターネット
-固定電話
 
上記のサービスがセット。
ビジネスで使わないのであれば、一番スペックの低いVIP5でもyoutubeなどは鑑賞出来ます。
まずはVIP5を契約し、不具合が出たらコースを変更しても良いでしょう。
料金表:http://www.tm.com.my/unifi/home/Pages/packages-VIP.aspx
VIPを申し込む場合、TMPointと言う直営ショップか、カルフールなどの
スーパーなどに特設されているプロモーションカウンターで申し込みをします。
 
このTMのVIPは最低2年間契約しなければいけない決まりがあり、(引っ越しなどはOK)途中解約をするとデポジットの500RMが帰って来ないため、2年以上マレーシアに住む方のみにお勧め。
———————————————————————————–
申し込み時に必要なのはパスポートと引っ越し先のアドレス。
[I want to apply VIP]などと簡単な英語を受付の人に話せば、まずは住所から「そこに光回線が通っているか否か」を調べてもらえます。通っていない場合は回線工事が必要に。(工事料金500RM程度)通っている場合はTMスタッフがネットを繋ぎに来てくれます。(初期費用は300RM)モデム、ルーター、電話機などが無料で付いて来ますが、場所によっては2週間〜2ヶ月程度かかる所も。

基本的にTMは引っ越し工事などの予約などが取りづらいので、引っ越しの場合は
まず始めにネットの引っ越し手続きをしましょう。

 
アストロビヨンド Astro B.yond

本来アストロは、有料ケーブルテレビの視聴がサービスの会社ですが、インターネットも出来るパッケージも提供しており、NHKや子供専門番組、海外ドラマも視聴出来るという事で、在馬日本人に人気の会社です。ケーブルテレビとネットの「ASTRO B.yond」パッケージを申し込みしたい場合、ネット上から申し込みをするか、コンドミニアムやデパートなどで特設されているカウンターで申し込みとなります。
料金表:http://www.astro.com.my/iptv/indices/index_1116.html
 

イェス yes

モバイルでも4Gで安定した接続状況で人気急上昇中のyes。こちらのインターネットプロバイダーは、USBタイプ・モバイルタイプ・
固定タイプ・スマートフォンなど、複数のデバイスを一つのIDで管理出来るので、非常に便利です。モバイルルーターはUSB式ではないので、複数のデバイスを一度に使えるのも魅力。

来馬してすぐにインターネットを開設しなければいけない場合、まずはこの会社の固定式モデムを繋げるか、モバイルルーターを契約するのが一番スムーズです。
料金表:http://www.yes.my/v3/personal/plans/postpaid/super-plans.do

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら