赤ちゃん用品と日々のケア

マレーシアでの育児も準備万端で行こう。

海外で赤ちゃんを健やかに育てるには不安が一杯。海外と子育て、初めてが2度重なるので当然です。ここでは、子育て前に知っておくと安心出来る、情報の一部に触れてみます。
 

【お尻ふき】

マレーシアのスーパーに何種類ものお尻ふきがあります。ほとんどのお尻ふきには香料が多く使われており、無香料のものは僅かです。
値段は物価に比べると少々高め。日本に来る時に余裕があれば、持参しても良いでしょう。
マレーシア子育て
 

【おむつ】

日本の品質に比べると劣りますが、マミーポコブランドもローカル向けに販売されています。お値段は30RM〜40RM。日本と同じ様な値段で売られています。スーパーやトイザラス他、コンビニでも購入可能なのが便利です。

マレーシア子育て
 

【ミルク】

ミルクは基本的に、ドラッグストアではなく、スーパーで購入するものです。パッケージは違いますが、雪印ブランドや、チルミルなども。こちらのミルクは日本の物とは違い、バニラ風味やチョコレート風味が付いているものが多く、現在日本と同じ様に風味をつけないブランドは「Snow brand」(雪印)か、Dutch babyなどです
マレーシア子育て
 

【衣服】

出生率が高いマレーシアは、子供服天国。安くて種類も豊富です。ただし下着などの品質は低いものが多いため、下着、靴下、パジャマなど、使用頻度の高いものは、日本で購入すると良いでしょう。
マレーシア子育て
 

【爪切りなどのケア洋品】

ケア洋品も充実しています。ピジョンの乳首や、椅子のバンボなど、さまざま充実していますが、爪切り、歯ブラシなどなど、機能を重視するべきものは、やはり日本から持ってくるのが無難です。
マレーシア子育て
 

【ベビーカー、家具】

ベビーカーやチャイルドシート、家具も豊富に揃っています。一般的にA型ベビーカーは豊富ですが、B型は種類が少なく、高額のため、
2歳以上の子が使用する軽量タイプは、日本から持ち込むべきです。
マレーシア子育て
 

【病院/薬】

赤ちゃんの病院は、総合病院で診察してもらえます。英語に問題がなければ、近所のファミリードクターや、小児科に通えると便利です。病院によって、ステロイドを使用する、使用しないなど、出す薬もクリニックによって違います。近所に評判を聞いておきましょう。薬はさまざまな薬局や、コンビニでも入手可能です。
マレーシア子育て
 

【予防注射】

予防注射は日本よりも進んでいます。どこの小児科でも接種可能ですが、スケジュールがややこしいため、英語に不安があれば、通訳のいる総合病院を訪ねると良いでしょう。接種スケジュールを組んでもらえます。日本脳炎は、マレーシアではないため、日本で接種します。かわりにB型肝炎の接種を勧められます。海外での注射は不安ですが、日本は世界有数の予防接種後進国です。マレーシアでの接種は、全て不活化ワクチンなので、数種類の同時接種は当たり前となっています。
 

【遊び場】

赤ちゃんの遊び場は、ショッピングセンターなどにあります。日中は暑いため、外遊びは出来ません。日本人会では、育児サークルなどもあるため、積極的に参加するのも良いでしょう。
マレーシア子育て
 

【授乳室】

最近のショッピングセンターでは、ほとんどの場所で授乳室を見かけます。遊園地などでもあります。ただし、どこにでもある訳ではないため、やはり授乳ケープは必須です。
 

【アレルギー】

マレーシアでは、実はアトピーの子供が多く見られます。それぞれの家庭で対策がされています。空気清浄機、オーガニック食で対応する家庭が多いため、オーガニック食品は、日本よりも安価で手に入ります。煙害であるヘイズの時期には、アトピーが悪化するため、乾期になったら、普段よりも対策に気をつけましょう。
マレーシア子育て
 

【保育園】

共働きが当たり前のマレーシアでは、早くから赤ちゃんを預ける家庭が多いため、生後3ヶ月から預けられる所が多くあります。様々なエリアに、託児所やモンテッソーリ式の保育園があります。月の費用はおよそ700RM〜2,000RMまでさまざまです。

マレーシア子育て
 

【環境】

基本的にマレーシア人は非常に子供好き。ファミリーファーストのマレーシアでは、高級レストランなどでもキッズウェルカムな雰囲気で、日本の都会で育てるよりも楽に育てられます。親子ヨガや、子連れOKのマッサージ店などもあるため、楽しんで子育てが出来ます。

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら