マレーシア入国にはパスポート有効期限に注意を

マレーシア 観光

 

マレーシアに入国する際には、パスポートの有効期限が6ヶ月以上残っていることを確認するよう、マレーシア観光局が呼びかけている。

 

マレーシア観光局は、ゴールデンウィークにマレーシアを旅行する日本人に対して、パスポートの有効期限を確認するよう呼びかけている。

 

マレーシアに外国人が入国する際には、パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上残っている必要がある。
また、帰りの航空券(入国から90日以内)または第三国行の航空券を持っている事も条件露なる。そのため、もし2018年のゴールデンウィークに旅行するなら、2018年11月中旬以降までパスポートが残っていないと入国できない。また、パスポート取得には所要時間約1週間がかかる。

 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら