学校選びについて その① カリキュラムについて

マレーシアインターナショナルスクール

マレーシアのインターナショナルスクールに自身で訪問するまでのポイント

カリキュラム

マレーシアのインターナショナルスクールは、その種類も様々です。人種や宗教によって進学する学校は様々なので、子供の希望や勉強内容に合わせてカリキュラムを選ぶ事が可能です。マレーシアは英国領だった事もあり、ケンブリッジ式のカリキュラムを採択しているインターナショナルスクールが一番多いです。ケンブリッジ式は、日本やアメリカンカリキュラムとは大きく異なります。
 

日本式の例

小学校6年→中学校3年→高校3年→専門学校/短大/大学。このように日本は高等教育へ至るまでに6−3−3と過ごします。
 

ケンブリッジ式

ケンブリッジ式のカリキュラムの場合は、高等教育まで基本的に6−3−2−1と進みます。これはイギリスの義務教育が6−3−2までの11年間で修了する為です。11年目には、義務教育11年間の成績を示す統一テストが行われます。ケンブリッジカリキュラムを取るイギリスを始め、世界中の生徒が受ける統一試験。これで一定の点数が取れた場合、イギリス/ケンブリッジカリキュラムの高校を卒業した事になります。
 
では大学に入る場合どうなるんでしょう?
 
ケンブリッジ式では一年足りない事になります。大学に入る場合は、まず統一テストで5段階評価の「A」評価を取得し、通称「Aーレベル」と呼ばれるクラスを受ける事になります。この12年めの授業となる「Aーレベル」を教えているインターと、教えていないインターがあります。大学進学を考えてケンブリッジ式のインターナショナルスクールに入る場合、まずは「Aーレベル」のクラスがあるかどうかを確認します。
 
もし「Aレベル」の授業が無い11年制のインターナショナルスクールの場合、卒業後、大学やカレッジに設置されている「Pre-Univercity」と言うコースへ進む事になります。順調に行けば、あとは次の大学へ。いずれにしても、統一テストではAーレベルを取らなければ大学受験資格が得られない為、ここではみな受験生のようにしっかり勉強をする事に。Aーレベルを取れなかった場合は、ここで就職/カレッジ進学などの進路を取ります。
 

IB式 インターナショナル バカロレア

比較的新しく、日本でも注目されているカリキュラムです。IB式では小さな頃から宿題を皆の前で発表する、与えられた課題を自分やグループで掘り下げていくなど、自分で考える力やプレゼン力に重点を置いたカリキュラムです。インターによって、小学校から取り入れているインター、中学から選択でカリキュラムを選ぶインター、さまざまです。これはインターにより、IBを小さな頃から始めると基礎学力が付かない、IBは小さいうちから始めた方が良い。新しいカリキュラムの為、さまざまな意見があるためです。
 
大学進学に関して、現在は日本でも慶応大学や玉川大学などをはじめとした大学が、IB式を終えた生徒の受け入れを始めていますが、進学の選択肢はケンブリッジ式に比べると、まだまだ少ないようです。
 

アメリカ式

数あるカリキュラムの中では、比較的情操教育が充実しているカリキュラムです。アメリカンカリキュラムの場合、日本と同じプライマリー6年間、セカンダリー3年間、ハイスクール3年間となるので、わかりやすく進みます。基本的にアメリカ人のための教育なので、事務方以外、教鞭をふるうのはアメリカ人です。こちらで学んだ生徒はアメリカンイングリッシュとなります。多くのアメリカンカリキュラム校が2学期制です。
 

オーストラリアンカリキュラム

オーストラリアンカリキュラムは、大学に入るまではアメリカ式と変わらない進みとなりますが、他のカリキュラムと違い4学期制です。
 

カナディアンカリキュラム

カナディアンカリキュラムも基本的にアメリカと同じですが、カナダの高等教育終了時には、各州で統一試験が行われます。これに合格すると州から卒業資格が発行されます。マレーシアにあるカナディアンカリキュラムはオンタリオ州のカリキュラムがベースになっています。
 

中華学校

中華学校は、一見中国のカリキュラムを採用しているようですが、実はれっきとしたマレーシアカリキュラムのひとつです。授業の基本は北京語、その他に英語やマレー語が必修です。とにかく覚える事が多いため、勉強についていけずインターに選択を変える生徒も。ここ中華学校を卒業する場合にも統一試験は受ける事になりますが、そのテスト内容はマレーシアンカリキュラムのテストです。
 

イスラミックインターナショナルスクール

イスラム教、ムスリムのためのインターナショナルスクールです。制服もイスラムの教えに沿って、露出の無い形になっています。
日本には馴染みの無いインターですが、国際結婚にて改宗されたご子息や、イスラム教が厳格に守られている国ではなく、穏やかな見解でイスラム教を学べる国と言う事で、他国から留学する生徒もいるようです。
 

日本人学校

マレーシアには日本人学校があります。KL、ペナン、ジョホールバル、コタキナバルにあり、幼稚園から中学3年生までの学校です。日本の文部省のカリキュラムに沿っています。両親が長期滞在ビザを所有している子供のみ、入学が許可されます。

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら