マレーシア移住で注意すべき「ヘイズ」とは

Screen Shot 2015 05 14 at 8.08.11 AM - マレーシア移住で注意すべき「ヘイズ」とは
 
 

マレーシアに住むなら「ヘイズ」に注意を

ヘイズとは、「煙霧」を意味する英語。大気中の微粒子で、視界が悪くなる大気現象全般を指すことも多いようです。マレーシアのヘイズは、一般的にはインドネシアのスマトラ島などでの焼畑農業や山火事が原因で起こる大気汚染のことです。ヘイズはマレーシア、インドネシアの 乾期にあたる4月〜10月にかけて悪化することが多いです。汚染された大気はモンスーンによって隣国へも 運ばれて来ます。
 
 

ヘイズの健康への影響

ヘイズが強いときは、粘膜が刺激され、目のかゆみ、鼻水、咽頭痛、めまいなどの症状が現れます。もともと呼吸器系統に持病がある方は、この時期とくに注意が必要です。
 
 

ヘイズの指標

ヘイズのシーズン中、朝窓の外を見ると、白っぽい煙に覆われている日があります。
ひどい日には焦げ臭い臭いを感知することも。これらの汚染指数は、大気汚染指数(PSI)として毎日発表されますので確認しましょう。指数によって、学校は休校になったり、屋外学習を控えるなどの対策がとられます。
 
 
大気汚染指数の見方(PSI)
 
0〜50(良好な大気状況)
50〜100(やや不良な大気状態)
ここまでは通常の活動。
 
 
100〜200(不健康な大気状態)
長時間または勢力的な屋外での肉体的活動を減らすべき。
 
 
201〜300(非常に不健康な大気状態)
長時間または勢力的な屋外での肉体的活動を減らすべき。
また、高齢者/妊娠中の女性/子供は屋外での活動は最小限にするべき、
慢性的な呼吸器疾患がある方は屋外での活動は避けるべき。
 
ヘイズの期間中、出来ることはマスクの着用、手洗い、うがいなど。
体調に異常を感じたら、早めの受診を心がけましょう。

 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら