マレーシアのwi-fiは速い?インターネット事情

leon seibert 2m71l9fA6mg unsplash 1024x683 - マレーシアのwi-fiは速い?インターネット事情

マレーシアのwi-fi事情

マレーシアに移住する場合、インターネットは必要不可欠ですが、日本とマレーシアではwi-fi事情が異なります。違いを把握しておかなければ、マレーシアでインターネットを使用する際に戸惑う部分があるので、まずはマレーシアのwi-fi事情について確認しておきましょう。

マレーシアはカフェやモールでもwi-fiが使える

マレーシアにはカフェやモールなどwi-fiが使えるスポットが多数あります。ほとんどのカフェ、レストランで使用可能なので、日本よりもwi-fi環境は充実しています。お店によって通信速度は異なるため、重いアプリやファイルをダウンロードしたり、動画を見たりする際には支障があるケースもありますが、簡単な調べ物程度であれば不自由なく使うことができます。

オールドタウンホワイトコーヒー、スターバックスコーヒーでは、確実にwi-fiの使用が可能です。お店によっては、wi-fiを使用する際に、パスワードが必要なケースもあるので、wi-fiが使用できる環境かを確認してみると良いでしょう。

セキュリティ面に注意が必要

マレーシアでは誰でも使用可能なwi-fiが開放されているスポットが多く便利な反面、セキュリティ面に不安があります。フリーwi-fiに接続することで、自分の情報が漏れる可能性があるのです。特に公共のフリーwi-fiはセキュリティ面でのリスクが高いので、お店が提供しているwi-fiの方がおすすめです。

思ったより速い?高速な理由

マレーシアのインターネットは遅いイメージを持つ方もいますよね。しかし、マレーシアのインターネットは思ったより速いと感じる方が多いのです。マレーシアはIT推進を、国をあげてかかげています。マレーシアを拠点として、発展しているIT企業は非常に多いのです。日本の速度には及ばない部分はありますが、不自由なく使用できる速度はキープできるでしょう。

自宅にインターネットを開通させるには?

自宅にインターネットを開通させるべきか迷っている方もいますよね。インターネットの使用方法、使用頻度によっては自宅にインターネットが開通していると便利です。しかし、初めてマレーシアに移住する場合は、契約方法、契約時の準備物などが分からず戸惑う方も多いでしょう。そこで、自宅にインターネットを開通させる際のポイントをご紹介します。

マレーシアで自宅にインターネットを引く必要性

日本でインターネットを自宅に引く場合は、通信会社と契約したり、マンション契約のインターネットを使用したり、ポケットwi-fiを使用したりしますよね。マレーシアでは、インターネット料金が家賃に含まれているケースもあれば、そうでないケースもあります。

それほどインターネットを使用しない場合はwi-fiのテザリングでも問題ないですが、自宅でのインターネットの使用頻度が多い場合は、インターネット回線を引いておくと便利でしょう。

インターネットを契約する際に必要なもの

マレーシアに移住した際、インターネットを契約する場合は、パスポートと自宅の住所が分かるものを準備しましょう。契約予定の会社の回線が自分の住居に通っているか事前に確認しておくことが大切です。通っていない場合は、開通できない場合もありますし、時間が数か月かかる可能性があります。

マレーシアでインターネットを契約する方法

マレーシアでインターネットを契約する場合、インターネット会社のスタッフと店頭で契約することも可能ですし、ホームページでも手続きできます。契約の際は、自宅の住所、支払い方法などを入力します。契約が完了したら、工事の日が決まる流れになります。日本の場合は契約して数日後に工事をすることも可能ですが、マレーシアの場合は、1か月以上先になるのが普通です。

また、日程が変更になったり、工事時間が延長したりするケースもあります。工事が終われば快適にインターネットを使用できるようになりますが、工事完了までが大変です。

マレーシアで最も安いインターネットの接続方法

マレーシアでインターネットを接続したいけれど、あまりコストはかけたくないという方もいますよね。まずは最大限フリーwi-fiを使うのがおすすめです。フリーwi-fiだけでは不便さを感じた場合は、ショッピングモールやSim会社などでプリペイドSimを購入するのが、安くでインターネットを利用できる方法です。家族で移住する場合は、Simを購入するよりもwi-fiルーターの方がお得なケースもあります。

日本から手配する方法もある

マレーシアでは、スムーズにインターネットに接続できるか不安という方もいますよね。
すぐにインターネットに接続したいという方は、日本からマレーシアで使用可能なwi-fiをレンタルすると良いでしょう。

wi-fiレンタル会社が様々なプランを提供しているので、移住地、条件などに合わせて選ぶのがおすすめです。wi-fiをレンタルした場合は、複数のデバイスを接続することが可能なので、同行者とシェアしたり、パソコン、スマホなど複数の機器を接続したりできて便利でしょう。

マレーシアでのインターネット契約の注意点

マレーシアでインターネットを契約しようと思っている方も多いですが、日本とは事情が大きく異なり、スムーズに行かないことが多いです。日本と同じようなスケジュールでインターネットを契約できると思っていると、マレーシアでは戸惑う可能性が高いでしょう。マレーシアは日本と比較し、インターネット開通までに時間がかかるので、早めにアプローチしておく必要があります。

申し込み後から設置までに時間がかかる

日本ではインターネットを申し込むとすぐに設置ができるイメージですが、マレーシアの場合はそうではありません。長い場合は2か月以上先になるのです。また、設置日を約束していたとしても、突然日程が変更になるケースもあります。早めに使いたい場合は、申し込みを急いでする必要があるでしょう。

設置日の調整が難しい

マレーシアでは設置日の調整が難しく、希望通りにできないケースがほとんどです。
かなり前から曜日指定をしていたとしても、他の曜日になるというのはよくあります。
そのため、仕事などの都合がある方はとても不便に感じるでしょう。設置日に関しては融通が利かない可能性が高いということを覚悟しておく必要があります。

まとめ

マレーシアはIT先進国として発展しているので、wi-fi速度は思ったより速くなっています。想像以上に快適にインターネットを使用することができるでしょう。
また、フリーwi-fiも発展しているので、ほとんどのレストラン、カフェでインターネットを楽しむことができます。

フリーwi-fiのみでも十分インターネットを活用することができますが、使用頻度によっては自宅にインターネットを開通させた方が便利なケースもあるでしょう。しかし、日本とマレーシアではインターネット事情に違いがあり、スムーズに開通工事まで進まないケースがあります。

余裕を持って手続きを進める必要があるでしょう。マレーシアでインターネットを使う方法は様々ですが、日本との違いを把握し、出国前から計画的に情報収集することで、マレーシアで不自由なくインターネットを使用することができます。