個人同士の中古車売買

Screen Shot 2016 02 13 at 11.32.43 AM1 - 個人同士の中古車売買

チェックポイントを押さえて個人間でも安全な売買を!

■中古車の購入

マレーシアで中古車を探すにはいくつかの方法があります。
1、日本人会へ行って日本人が出している中古車を探す
2、ネット掲示板等で探す
3、日本語フリーペーパーなどにあるカーディーラー等を探す
4、スター紙等の新聞で中古車を探す
5、地元ネットで探す
6、街中にある中古車屋さんで探す

マレーシアでは中古車でも日本に比べるとかなり高額。これは売る時にも同じ事が言えます。また、中古車を購入する際にもローンを組む事は可能。その際には新車を購入する時と同様、みずから銀行にローンを申し込む形になります。参考までに以下の中古車売買のサイトで、売買価格の相場を知っておきましょう。

マレーシアの中古車売買検索サイト

個人間での取引でも保険屋さんが代行をしてくれます

■個人から個人への売買
掲示版等で売買を行う場合は買主による名義変更が必要です。交渉が成立した場合、名義変更はJPJというマレーシア交通局で行いますが、名義変更の書類はマレー語で書いており、書類には売り主・買主の署名と捺印が必要です。その他検査のためにJPJに車を預ける作業等にはかなりの手間がかかるため、通常は保険屋さんが売買の代行をします。その際の手数料は700RM〜1000RM程度。※名義変更の検査では必ずフロントスクリーンのフィルムをはがされますので、気になる場合はフロント部分のフィルム交換が必要になります。これは一連の作業が終わった後に自分でフィルムのお店に行くことになります。

マレーシアで中古車を購入する際のポイント

マレーシアで中古車を購入した場合、手に入れた時の状態はどうあれ、必ずどすぐに故障はあると考えておいた方が良いでしょう。売る時の事も考えると、予算がゆるせば新車を買うのが得策かもしれません。ただし、故障の修理自体はとても安いので、英語に支障がなければや中古車購入を考えても良いでしょう。修理費に関しては、日本に比べて5分の1程度の値段。マレーシアでは故障を待つよりも、整備をこまめにする事が非常に大切です。自宅近くの整備店の情報は、近所の方に聞いておきましょう。

信頼出来る業者を選ぶ

通常中古車ディーラーは、車を購入する際に銀行ローンの残高等を調べて仕入れをしますが、悪徳業者などは現所有者のローン残高が残ったまま、委託販売をしてしまうケースがあるそうです。購入後のトラブルを避けるためにも、中古車売買の際には信頼出来るディーラーを知り合いに紹介してもらうか、個人間の売買でも日本人同時の売買に留めておいた方が無難かもしれません。

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら