ご当地ラクサを食べるなら「シークレット・レシピ(Secret Recipe)」

DSCF7414

 

シークレット・レシピはマレーシア発のポピュラーなレストラン。もともとはチーズケーキが有名だったが、フードメニューも増え、姉妹店も登場するなどラインアップも増えている。カップヌードルでおなじみ「シンガポール風ラクサ」もここで食べられる。(マレーシアマガジン =かりわめぐみ)

 

シークレット・レシピ(Secret Recipe)はマレーシア国内に多くの店舗があるファミリーレストラン。一度は見かけたことがあるのではないだろうか。チーズケーキが有名なカフェだが、実はフードメニューが豊富なレストランだ。

 

ここでは、マレーシアのご当地ヌードルの「ラクサ」を食べられることをご存知だろうか。同じラクサでも、土地によって麺もスープも全く違う。今回は、ご当地ラクサを中心にシークレット・レシピを紹介する。

 

DSCF7523

 

「カップヌードル シンガポール風ラクサ」の本物を訪ねて

 
私がなぜシンガポール・ラクサを探しているかというと、日本で販売されている、「カップヌードル シンガポール風ラクサ」の本物を食べてみたいという理由だ。あいにくシンガポールへ行く予定がないので、クアラルンプールでシンガポールラクサを食べられるお店を探してみた。そして、行きついたのがこのシークレット・レシピだった。

 

ヌードルの種類が多い

 

DSCF7394

 

ラクサのメニューは、イポー・フォーファン(RM 18)、ペナン・アッサムラクサ(RM 18)、ベトナム・ビーフヌードル(RM 21.50)、シンガポール・ラクサ(RM 21)など。他にも、カリー・ミー、トムヤム・ヌードル、スペシャル・ビーフヌードルなどがある。

 

DSCF7412

 

シンガポール・ラクサは、ココナッツと海老出汁のクリーミーなスープに、食べ応えのあるもちもちの米麺が入っている。辛さはなく、海老出汁なのにさっぱりとしている。スパイシーさは控えめで、シンプルな味わいだった。具材は海老、もやし、厚揚げなど。念願かなって、「カップヌードル シンガポール風ラクサ」の本物を食べることができた。

 

パスタやラザニアも

 

DSCF7399

 

ラクサやサテ、ナシ・アヤムのマレーシアフードのほかにパスタやラザニアもある。ラクサを食べたい時はどうしてもローカルなお店になるので、マレーシアの味に慣れていないとお店選びが難しいことがある。洋食メニューがあると、辛い物やローカルフードが苦手な友人との食事にも重宝する。

 

DSCF7422

 

人気のチーズケーキは北海道チーズケーキやニューヨークチーズケーキ、半熟チーズケーキなど。ケーキのテイクアウト用の箱がケーキが偏らない仕組みで感動した。

 

クアラルンプール中心地の店舗は、「スリアKLCC」「アベニューK」「パビリオン」など主要モールに店舗を構えている。

 

「シークレット・レシピ(Secret Recipe)」

Home


 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら