寿司ひびき

53160318_2111746215546161_5796142706224791552_n
ここ数年で、いよいよ和食が充実してきたクアラルンプール。東京で食べるのと遜色ないほどの本格的な寿司を楽しめるようになってきた。今回はそんな店の一つ、「寿司ひびき」をご紹介する。(マレーシアマガジン =野本響子)

 

クアラルンプールの中心、KLCCの隣の一等地に位置する。フォー・シーズンズ・ホテルに併設されたモールの地下、ワインショップの奥にあり見つけにくいが、ひっそりと看板がある。観光の合間に立ち寄るのにもちょうど良い。
53397899_351852562338456_574684817686265856_n
52825724_813592829000022_1267043591729971200_n

 

メニューは「おまかせ」が中心

 

店内は和を生かしたモダンでシンプルな装飾で、ジャズが静かに流れている。カウンター席が9席と、4人掛けのテーブル席が3つある。照明は暗めで、座席は程よく離れて配置されており、落ち着いて話ができるムードだ。

 

オープンは2018年。板前の齊藤誠さんは20年以上、東京、ローマ、イスラエル、リッツカールトン京都などで料理人として活躍した経歴を持つ。

 

52611631_440975056443542_9209426140605710336_n

 

寿司ひびきのメニューは基本的に「お任せ」のみでシンプルだ。RM340、RM480、 RM720 の3種類のコース(2019年2月現在)があり、今回はRM480のHibikiコースを試食した。ネタは日本の各地(東京、北海道、大阪、福岡)から、週に4回空輸。旬な食材が食べられる。メニューは昼も夜も基本的に同じ。また原則として予約のみを受け付ける。また、酒類も日本酒はじめ豊富に揃っている。

 

なお「おまかせ」という言葉はマレーシアでも浸透しており、クアラルンプール内にはいくつかシェフのおまかせに任せる和食店がある。最初に苦手なものを聞いてくれるので、遠慮なく申告しておくと良い。

 

ふきのとう、菜の花など旬の味が楽しめることも

 

まず、季節の前菜と食前酒が出てくる。この日は菜の花や数の子、胡麻豆腐などが上品に盛られており、それぞれの微妙な味の違いを楽しめた。

 

52743190_2292922384297639_3507680832657555456_n

 

その後、季節の冷菜と温菜が提供される。最初に出てきたのは、カラフルな蒸し冬野菜の盛り合わせ。素材の味がそれぞれ生かされており、一つ一つ味わうのが楽しい。温菜は季節の天ぷら。マレーシアでは珍しい、旬のフキノトウやメヒカリが出てきて、日本の季節を感じた。

 

52789757_2266005880388343_2713972813387005952_n52905265_587967245005996_4298442676161740800_n

 

さらにこの日はお造りも出てきた。メニューにない一品だったので驚いた。この日はしめさば、淡路鯛、本マグロ。日によって、季節の品の品数が変更になるそうだ。仕入れによって柔軟にメニューが変更されるのも、「おまかせ」スタイルの面白いところだ。

 

52320377_2062537844044687_2086170966920003584_n

 

寿司は七貫(7個)出てくる。いくらや明石の真鯛、ウニ、マグロ、さわらなど。小ぶりで上品に握られた上にそれぞれ微妙に違った味付け。この日、とくにマグロとウニは甘く絶品。それぞれ、仕入先も味付けも違い、味の工夫の説明を聞くのも興味深い。この日のお椀はハマグリのお吸い物だった。

 

 

寿司

 

食後にはチョコレート・ムースのデザートが登場。甘さがほど良く抑えて合ってお鮨の後でも楽しめた。このコースだけでかなりのボリュームがある。

 

顧客は日本人以外が中心

 

この日カウンターに来ていたのは、いずれも中華系マレーシア人で、カウンター越しに会話を楽しむ姿が見られた。齊藤さんも「この店ではお客様とのコミュニケーションを大事にしています」と話す。

 

顧客の90パーセントがマレーシア人はじめとする外国人で、シンガポールや欧米からのお客さんも来るという。マレーシア人のお客さんには日本をよく理解し、寿司の楽しみ方も心得ている人が多いそうだ。

 

混雑するのは金曜日と土曜日。なお、毎週月曜には、鮨は提供されず、お酒とおつまみを楽しむ「No Sushi Mon day」を行っている。

 

また、月に一回の頻度でイベント「Echo in the night」も開催。これまでも、JAZZの生演奏、石巻の漁師、ワインソムリエなどとの興味深いコラボレーションを企画してきた。4月14日には、ペナン島MUSEUM HOTELにて、一日限りのPOPUPも計画している。

 

本格的なお鮨とお酒で贅沢に過ごしたい人に向いている。場所も良いので、カジュアルな接待や、KLCCでのショッピングや観光がてらに立ち寄るのに最適だろう。

 

https://www.malaysia-magazine.com/news/34806.html

 

住所 i Lot B1-04(A), Basement 1, Shoppes at Four Seasons Place Kuala Lumpur, No. 145, Jalan Ampang, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia.
営業時間1230 – 1430 1800 ~ (last order 2200)

価格(2019年3月より以下に変わります)
Rin Short Omakase Course 340rm
Seasonal Omakase Course 480rm
Premium Omakase Course 720rm
 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら