マレーシアのローカル料理【マレー編】

マレー系のローカルフードをご紹介します

マレーシアは多民族・多文化が特徴のコスモポリタンシティー。
 世界中の料理を1度に味わうことにかけては世界でも有数の国です。今回は、マレーシアの多くを占めるマレー系のローカル料理の数々をご紹介します。

【ナシレマ】NASI LEMAK
2014-10-09 12.56.47-2
2kpHm7tegp8DxgJs3z7mUSAcj3gNiGMOCwDl3BXOXII


言わずと知れた、マレーシアの定番料理。ココナッツで炊いたご飯にカリカリにした煮干しとピーナッツときゅうり、それからタマネギとチリと砂糖などを使って作る「サンバルソース」を混ぜて頂きます。マレーシア全国にあるナシレマは、各家庭で味が違うそう。特に持ち帰りに便利な三角ナシレマは、マレーシア人の朝食の定番です。

【サテ】SATAY
rKfvXV1iXyUJJ-Oah1-Sf_pCUbAofjgebGWcrF5tnyA,PP0_qPmGV-WI5UtO2XYCqyygqPUaglsjT4rwxxMFzdo

チキンが一番人気、マレーシアの焼き鳥です。
 炭火でじっくり焼いたチキンにピーナッツソースをつけて食べます。日本の焼き鳥よりも細いサテは、おやつ感覚。たいてい「アヤム(チキン)」か「ダギン(ビーフ)」が選べます。
食べ歩きや小腹が好いた時に食べてみて下さい。

【ナシケラブ】NASI KELAB
JDCCj2NrqYv87AaObHK8_Ei21qdZoQY08bvPBspqxdY

マレーシアの東海岸・クランタン地方の名物料理。ナシ=ご飯、クラブ=サラダの意味で、生野菜がたくさんついた、サラダ感覚のご飯です。紫の花で色を付けた青いご飯が特徴的で、初めはびっくりしますが、味は淡白。サラダご飯の中には青魚のソースがたっぷりです。インゲンなどが生のまま刻まれて出てくることも。

 手作りのナシクラブは美味しく、日本人にもファンが多い一品です。

【チキン・メラ】CHICKEN MELAH
unnamed

ケチャップベース新感覚肉煮物。メラとは日本語で「赤」、もしくは「めでたい」の意味で、お祝いに食べられる料理の1つ。ビーフのほか、ラムもかなりオススメ。 通常それほど辛くないので、気軽に試してみて欲しい一品です。

お祝い時にはケチャップでご飯が赤く染められ、それはチキン・マサ・メラと呼ばれます。

【タパイ】
写真 19-11-2014 13 06 34

これは甘酒好きなら絶対気に入るマレー伝統の食べ物。たいたお米を発酵させて作る、まるで甘酒のような味です。20個くらい食べたらアルコールが……?と思いますが、これは古くから愛されているマレー伝統の大切な食べ物。

いろいろなマレーレストランで1RM前後から買えます。

【ビーフレンダン】
Screen Shot 2014-12-03 at 10.05.59 AM

これもマレー人が家庭で作る一般的な家庭料理。レンダンペーストの中にはレモングラス、ココナッツミルク、ガランガル、カレーリーフ、ターメリック、タマリンドなど、体に良いハーブがたっぷり! 牛肉が料理のおかげで柔らかくなるのは長年の知恵ですね♪

【オタオタ】OTAK-OTAK
2014-11-26 21.35.25

オタオタは、魚のすり身を炭火で焼いて食べるマレーシア伝統の練り物メニュー。

魚の消費量が非常に多いマレーシアでは、練り物の種類も豊富です。つまみやおやつ感覚で頂くオタオタは、ターメリックやレモングラスなどのハーブが入っていて、そのペーストをパンダンリーフ(タコヤシの葉)、バナナの葉などに包み、炭火で焼きます。地方によって入るスパイスも色もさまざま。

マレーシア国内でオタオタと言えば、マラッカの近くにある田舎町ムアーが有名です。

どれも家庭で作られる、一般的なマレー人の家庭料理。
 マレーシア旅行に来た際には、是非指差しでチャレンジしてみてください。

 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら