マレーシアのローカル料理【ヌードル編】

アジアならではの複雑な麺文化に感嘆!
マレーシアで食べたい麺

 
マレーシアにはさまざまなスタイルの麺料理が存在します。麺の種類も卵麺からビーフンまでいろいろ。
ここではマレーシアならではのバラエティー豊かな麺文化を一気にご紹介。
マレーシアマガジンオススメのヌードルからお気に入りの一品を探してみて下さい。
 
 
【カレーミー】KARI MEE
GzmBLFAtupiBELMj1OcjmhnLMTAAImU_J5mhXrnhvuw
 
ココナッツミルクをベースにたっぷりのカレーが効いたカレーミー。ちなみにミーとは麺の意味。濃厚な味が太めの卵麺に良く合います。マレーシアらしいのは、カレーベースのスープに大きく膨らんだ油揚げがのっているところ。
 
噛めばスープがしみ出して、癖になります。ご当地色が強く出るマレーシアの麺料理の中で、比較的どこで食べても美味しい料理の1つです。
 
 
 
【チリパンミー】CHILLI PAN MEE
IMG_3672
 
学生から大人まで、人種を問わず幅広い層に大人気の「チリパンミー」。白いうどんに似た麺の上に、揚げた玉ねぎやひき肉、揚げた小魚、卵などがのっていて、混ぜて食べます。スープあり・なし両方選べますが、汁無しが断然人気。マレーシアに住む日本人のランチとしても定番。
 旅行客をお迎えした時には特に勧める一品です。チリは辛いので自分で調整してください。
 
 
 
【ペナンアッサムラクサ】Penang Asam Laksa
odPpWDqDRWsiONy7FXmrE7uGpayayLiTBSsDpP8moe0
 
マレーシア全土で愛されているのが「アッサムラクサ」。写真はペナンのラクサですが、ジョホールなど、それぞれの地域によって味付けが微妙に異なります。
 
アッサムとは「酸っぱい」と言う意味で、甘いような酸っぱいような不思議な味覚です。うどんのような形をした米粉の麺は透明でつるつるしています。
 
出汁の味は青魚ベースで、味は日本の冷や汁のようですが、そこにはたくさんのハーブや、エスニック料理にはかかせない酸っぱいタマリンドなどなど、食欲をそそるエッセンスが一杯。
 
日本人の中では、好みが大きくわかれますが、一度試す価値アリです。
 
 
 
 
【ラクサ・クラン】Laksa Klang
2014-11-27 16.53.00
 
ペナン・アッサムラクサと同じ系統の味ですが、こちらはクランのアッサムラクサ。
 青魚のスープに程良い酸味とフレッシュハーブとタマネギの辛さで、食欲が落ちている時にも美味しく頂けます。細麺を出すお店が多く、そうめんのような食感。
 
 
 
 
【ミーサイアム】Mee Siam
2014-12-06 17.52.38
 
ミーサイアムもランチの大定番。タイ料理と似たトムヤム系統の味の秘密は、コブみかんの香り。あっさりとしたビーフンにさわやかなコブみかんの香りが、軽いランチにピッタリ。女性にオススメです。

 
 
 
【チャークッティオ】Char Kway Teow
Screen Shot 2014-12-05 at 8.37.02 AM
 
平打麺に、具材の旨味がたっぷりと染み込んだチャークッティオ。
 華人発祥の麺料理ですが、こちらも人種を問わないマレーシアの定番料理として地元の人達に愛されています。特に海鮮が人気。
 
 
 
 
【クリアスープヌードル系】
9jKMebvGjQga5fNtxSLFDb3snt7OnV53cinRtbHSYwI,b7k2WzMtFr7GBssVaOpRvsdbjsa8kUNMXDeWkgv4jxc
 
辛いのが苦手な子供でも楽しめる、マレーシアでの子供向け麺料理。平打麺のフォーや、卵麺を使ったワンタンミーなど、バラエティも豊か。
 ほとんどのクリアスープ系にはマレーシア名物のフィッシュボールがドカーンと大きくのっています。日本の練り物に良く似たお味です。
 

街で見かけたらぜひお試しください。
 
 

 
 
 
 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら