「マウスピース矯正」(インビザライン)でマレーシアでも歯列矯正ができます

sakura 桜

 

「マウスピース矯正」(インビザライン)と呼ばれる歯列矯正をご存知ですか。取り外しのできる器具で歯列が矯正できるシステム。「さくらデンタルクリニック」では、マレーシアで矯正をはじめ、東京で引き継ぐことも可能です。サウジャナの日本人学校そばに開業した「さくらデンタルクリニック」さんのお送りする歯科コラムです。

 

 

マウスピース矯正(インビザライン)ってどんなもの?

 

近年マウスピース矯正として人気が高まってきているインビザラインをご存知でしょうか?

 

インビザラインはマウスピース型の矯正装置で、ワイヤーやブラケットを歯に固定させる矯正とは異なり、薄く透明に近いので目立たないため、見た目を気にすることなく矯正治療を始めることができます。

 

治療開始から終了までの歯の動きを治療開始前に3D画像で確認し、治療計画を把握できるため、安心して治療に移れるのが特徴の一つです。

 

マウスピースは精密検査で得られた3Dデータを元に患者様一人一人に合わせて設計され、専門工場で専門技工士が設計と治療計画に基づき製造します。そして、自分自身に合ったマウスピースを定期的に交換し、理想の歯並びになるよう治療を進めていきます。

 

歯に固定し、治療完了まで取り外せない矯正器具と違い、自分で着脱しお手入れが出来るので清潔に保つことができます。従来の矯正装置では、装置の破損を防ぐため硬い物や粘り気がある物は避ける必要がありましたが、インビザラインの場合、食事中に取り外せるので、食事も制限なく普段通りに楽しむことができます。

 

期間は平均2−3年、東京での継続治療も可能

 

また、金属やワイヤーを使わないので目立たないだけでなく、口の中を傷つけたり、口内炎の原因等になりません。さらに、金属製のワイヤーを使用しない為、金属アレルギーや、口の中に金属を入れることに抵抗がある方でも安心して治療を受けていただけます。

 

インビザラインの治療期間は個人差がありますが平均2-3年程度です。その後、リテーナーと呼ばれる保定装置を付けていただく期間がございます。

 

さくらデンタルクリニックのドクターはインビザライン治療を行うための資格を保有しております。
また、クリニック監修の日本人インビザラインドクターが日本人に合わせたプランニング修正を行っており、海外でも安心して矯正治療を行なっていただけます。
さらに、治療の途中で日本へ帰国となってしまった場合でも、監修クリニックである東京・市ヶ谷番町クリニックで引き継ぎ、継続して治療を行っていただくことが可能です。
詳しい治療の流れや費用など、ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

定期的な健診、クリーニング、自覚症状が無くても気軽に歯科医院へお越しください!

 

さくらデンタルクリニック

 

診察日
午前の部 9時〜13時 午後の部 14時〜18時
休診日 毎週日曜日、月曜日とセランゴール州の祝日

 

C-01-02,Capital 3, Oasis Square.No.2 jalan PJU 1A/7A,Ara Damansara,47301 Petaling Jaya,Selangor
日本語専用ダイヤル 017 667 6149
LINE(日本語)sakura.dental.my

 

https://sakuradentalmy.com/

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら