サラワクで狂犬病が発生・20年ぶり

9f9580c57009418d2045335ff78523a2_s

 

ボルネオ島のサラワク州で、マレーシアでは20年ぶりに狂犬病が発生した。スター伝えた。

 

7月5日、ボルネオ島のサラワク州のセリアンで2人の子供が狂犬病で死亡する事件があった。3人が感染しており、1人も重体。
マレーシア当局は、この狂犬病は、流行地であるインドネシアのカリマンタンで感染した犬によるものだと推定している。
マレーシアは2012年に狂犬病がなくなったことを宣言していた。

 

イメージ=Photo AC

 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら