マレーシアのタクシー

マレーシアのタクシー

マレーシアのタクシーの基本情報

マレーシアではタクシーが比較的安価なため、気軽な乗り物として人気です。流しのタクシーではしばしば交渉を迫られますが、配車アプリの「Grab(グラブ)」も登場して以来、タクシー環境は向上しています。KL近郊の主要ショッピングセンターには前払い制のタクシースタンドなどもあるため、そちらが便利です。また、タクシーが捕まりにくい時には最寄りのホテルでベルマンにチップを払い、タクシーを呼んでもらう事も可能です。

配車アプリなどが普及しており、マレーシアに来る際に予めアプリをダウンロードしておくと、旅行中も非常に便利です。

KLや都市部で探すタクシースタンド

基本的にマレーシアはメーター制を採用しており、最近ではボッタクリや犯罪を防ぐための苦情センターのシステムも整いつつあります。イポーやマラッカなどの地方や郊外では、タクシーアプリでタクシーを捕まえるのが困難なため、今でも交渉の慣習が残っています。交渉などが難しいと感じる場合、ホテルやショッピングセンターのタクシースタンドでメーターのタクシーを探すと良いでしょう。

①デパートやショッピングセンターではタクシースタンドを利用

流しのタクシーでは料金を交渉制にしてしまうタクシーも多くいます。交渉が面倒な時や相場がわからない時などは、最寄りのタクシースタンドを利用。設備が整っているデパートなどでは2RMをスタンドに支払って確実にメータータクシーに乗る事が出来ます。

②小さな駅付近に集まっているタクシーは交渉制です。

大きな駅ではチケット制タクシーがありますが、小さな駅では タクシースタンドから乗車します。スタンドでは交渉制になる事が多く、渋滞時には相場の倍の値段を言われる事も。その場合は交渉を粘るか、駅の反対車線のタクシーを探してみましょう。

③渋滞時は乗る前に確認を

日本の様に乗れば必ず目的地に運んでもらえる。そう言う訳ではないのがマレーシアのタクシー事情。「お祈り」「帰宅の時間」「渋滞」様々な理由で乗車拒否される事も。こちらでは乗る前に行き先を運転手に告げて、行けるかどうかをまず確認しましょう。また、通勤ラッシュの時間帯は相乗りの習慣もありますが、これはマレーシアでは
良く行われている習慣です。

マレーシアのタクシーと種類

バジェットタクシーマレーシアで1番台数の多い、通常のタクシーです。

マレーシアのタクシー

 ブルータクシー

通常のタクシーに加え以下の写真のようなエグセクティブタクシーも走っています。高級ホテルのエントランス付近で探す事が出来ます。料金は割高ですが、車両は新しくメーター制です。

マレーシアのタクシー

【KL市内及び近郊のタクシー料金】

基本料金(最初の2kmまで) 3リンギット
追加115mごと  10セン
電話で読んだ場合 支払い表示料金+1リンギット
30分以上前に予約した場合 支払い表示料金+2リンギット
夜間料金23時~6時まで  5割増

【地方のタクシー料金】

地方事にタクシーのシステム・料金等は異なります。地方でのタクシーの相場を調べたい場合は、こちらからマレーシアの地方でのタクシー相場を検索する事が可能です。
http://www.taxiautofare.com/my/Default.aspx

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら