ペットのケア

マレーシアでのペットのケア

基本的にムスリム国家で、犬は歓迎されないマレーシアですが、飼われている犬の数は決して少なくありません。犬を買っても良い地域もあるため、事前に良く調べておくと安心です。マレーシアでは他に猫や鳥、熱帯魚に両生類など、さまざまなペットが飼われています。
 

マレーシアペット

ペット用品購入場所】

経済の成長に伴い、家庭でペットを飼う家庭も増え続けている様です。ペットショップは、おおよそのマレーシア国内のショッピングセンターに揃っています。特にKLにあるPICのペットショップはスペースも品揃えも良く、機会があれば、訪れても良いでしょう。ペットシーツなども、最近は種類も充実していますが、巨大なサイズはないため、日本から定期的に取り寄せる家庭もあります。また、中型犬以上を飼う場合、丈夫なゲージは見つけにくいため、これは日本から持って行くべきかもしれません。

マレーシアペット

また、新たにペットを飼う場合はブリーダーから購入するか、ペットショップでの購入となります。種類によって値段はまちまちですが、おおよそ日本で売られている値段よりも安く、特に熱帯魚などや、両生類は、日本の数分の一程度の値段で売られています。
 

【日頃のケアとクリニック】

近所に動物クリニックもあります。最寄りのペットショップに行った場合、近所の動物クリニックの場所を聞いておきましょう。一回の診察でかかる費用は、およそ40〜70RM。フィラリアなどの薬は日本よりも安く、一粒10RMくらいです。トリミングについては、おおよそのペットショップで行っています。基本的にどの犬種でも短くカットされます。
 
「値段の参考」(犬の場合)
診察料 約40-50RM
フィラリア用の薬 一粒約10RM
年一回ワクチン(混合) 40RM〜
ダニよけフロントライン 25RM
避妊手術 メス 300RM〜 (オスはメスよりも安い)
 

【住まいとペット】

マレーシアペット

基本的に、ペットを飼えるマレーシア国内のコンドミニアムは決まっています。KL及びKL近郊の有名な所では、サウジャナエリアのサウジャナビラ、バンサーエリアのスリワングサリアなど。他にデサパークシティーなどでは、街全体がペット歓迎ムードです。基本的にリンクハウスやバンガローでは、犬も猫も飼うのはOKですが、マレー人が多く住むエリアでは、犬を飼うのは控えた方が無難です。ただし、マレー人の多く住むシャーアラムエリアでも、新興住宅地では犬も多く飼われています。まずは不動産エージェントに相談すると良いでしょう。
 

【ペットホテル】

旅行の際に、ペットを預かるペットホテルもあります。ペットのケアに付いてはホテルによってさまざま。ケージに入れて何回か散歩へ出かける所もあれば、大きな庭でゆったり放し飼いにする所いもあるようです。
 

【ペットと旅行】

基本的に旅行中は、誰かに預かってもらうか、ペットホテルに預けるのが無難です。ただし、ペットと旅行してみたい場合、数は少ないのですが、マレーシア国内にもペットフレンドリーホテルがあります。ケアや約束事に付いては、直接問い合わせが必要です。検索の際には[pet friendly hotel malaysia]などで調べると良いでしょう。
 

【ペットの葬儀】

ペットがなくなってしまった場合も、行きつけの動物病院に相談しましょう。手配等のアドバイスをもらえます。ネットなどで調べる場合、[pet memorial malaysia] [pet funeral malaysia]などと検索すると出て来ます。
 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら