マレーシアの交通事情(KL近郊電車編)

klline

 

車社会のマレーシアでは、車のない旅行者・在住者は電車・バスなどの公共交通機関とタクシーを組み合わせて移動します。近年クランバレー(クアラルンプール首都圏)では急ピッチでLRT(都市旅客鉄道)の建設が進んでおり、旅しやすい環境に生まれ変わりつつあります。

 

 ■LRT

 

LRTは無人運転の軽量鉄道で、クランバレーの主だった地域を結んでいます。東京都内なみにひんぱんに電車が来るうえ、車両も駅も清潔で明るく、料金体系もわかりやすく、旅行者にとって最も利用価値があります。

クアラルンプールの東北方面と南部を結ぶアンパンラインと、KLCC、スバンジャヤを経由し、プトラハイツに向かうケラナジャヤラインの2路線があります。

KLCCやクアラルンプール中央駅などへ行くのに便利。

 

 

【運行時間】朝6時から路線によっては深夜1時まで。日中はおおよそ6~8分間隔、通勤ピーク時には4分間隔で運行されます。

 

【乗り方】駅でトークンと呼ばれるプラスチックのコインを購入するか、プリペイドカードで乗車します。料金は区間により異なります。Touch and goも利用可能。切符の買い方はこちらの記事へ。
クアラルンプールのLRT

 

【路線図】 図版をクリックすると拡大します

LRT アンパンライン http://www.myrapid.com.my/rail/routes

LRT ケラナジャヤライン http://www.myrapid.com.my/rail/routes

 

 

 

■モノレール

KL市内のうち中心地を走るのがモノレール。駅の間隔が短く、細かく動くのに便利です。

KLセントラル、 インビ、ブキビンタン、チョーキットへ行くのに便利です。

【運行時間】朝4時30分から深夜0時59分まで。

【乗り方】窓口で切符を買えます。MyRapidカードの利用も可能です。

【路線図】 http://www.myrapid.com.my/rail/routes

 

■KLIAエクスプレス & KLIAトランジット

クアラルンプールの中心KLセントラル駅とKLIA(クアラルンプール国際空港)及びKLIA2を結ぶ路線。

KLIAエクスプレスは急行で、KL中心部と空港を約30分で結びます。

KLIAトランジットはプトラジャヤなど途中駅に停車するため、39分かかります。

 

【運行時間】朝4時30分から深夜0時59分まで。路線による

【乗り方】窓口で切符を買えます。MyRapidカードというプリペイドカードや、高速料金にも兼用できるタッチアンドゴーの利用も可能です。

 【KLIAエキスプレス / KLIAトランジット】KLIA Ekspres/KLIA Transit

【路線図】
http://www.lcct.com.my/help/faqs/how-to-go-to-lcct-from-kl-sentral-station  

 

 

■KTMコミューター

マレーシア国鉄が運営するマレー鉄道の中でも、クランバレー近郊を走る列車をKTMコミューターと呼びます。

ラワン – タンジュン・マリム路線、ラワン – スレンバン路線、バトゥ・ケーブス – ポート・クラン路線の3路線があります。

ダイヤは少なめで、30分に一本程度の感覚で、古いためか遅れも頻繁にあります

ポート・クラン・シャー・アラム、KLセントラルなどを通ります。バトゥ・ケイブやシャーアラム、クランへの観光にも。

 

 

【乗り方】窓口で切符を買います。並ぶこともあるので時間に余裕を持つこと。

【路線図】http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/kal/images/rosen.pdf

 

■KTMインターシティ

 

マレー鉄道とも呼ばれる歴史ある鉄道路線で、KLからジョホールバルやアローセターといった都市間の長距離輸送を担当しています。ダイヤは少なめで、30分に一本程度の感覚で、古いためか遅れも頻繁にあります。急行や鈍行など列車に種類があるので確認して乗ること。

【乗り方】窓口で切符を買います。並ぶこともあるので時間に余裕を持つこと。

【路線図】http://www.myrapid.com.my/rail/routes

【KTMの乗り方はこちら】 KLセントラルから電車でシンガポールへ

 

 

■MRT(2017年全線開業)

MRT SBKは「Mass Rapid Transit Sungai Buloh Kajan=大量高速輸送システム・スンガイ・ブロー・カジャン線」の略。

スンガイ・ブローとカジャンの約51キロを結び、スンガイ・ブローからセマンタンの間。コタ・ダマンサラ、ムティアラ・ダマンサラ、TTDIなどの12駅を運行。

2016年12月に第1期が開業し、マレーシア最大級のショッピング・モールであるワン・ウタマや、マーケットのあるTTDIなどのアクセスが向上する予定です。

 

セマンタンからカジャンの残り19駅は、2017年7月に開業予定で、KLセントラル、ブキビンタン、ムルデカ、マルリを経由し、カジャンまで延伸します。

【路線図】 http://www.mymrt.com.my/en/sbk/stations-list

 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら