【釣り】Air Kuning (トーマン&ピーコックバス)

 

日本人のアングラーにも有名、Air Kuning でトーマン&ピーコックバス

 

さて、今回はIpohの少し手前(KL寄り)にある

有名スポット、Air Kuningに友達のA氏と行ってきました。

IMG_9986

KLから車で約1時間40分ほど北に走った所にあります。

ちなみに、Air Kuningというのは土地の名前で、その周りにある

池や湖を攻めます。

地図で見るととんでもない数の湖や池がある事に気づきますね。

 

ここは昔、「錫」鉱山が沢山あり、それの採掘跡に水がたまりこのような地形になったそうです。Tanjung Tualang pond群とも紹介されています。

さてさて、コーディネートはいつものBEllさん。小型のアルミボートを車にのせて、状態の良さそうなポイントを探します。

この日は、マレーシアに熱波が来ており、とにかく灼熱の暑さ。。心配していた通り、気温とともに水温も上昇!

まずは、A氏が

IMG_9990

ミノーでゲット!

小型のミニミニトーマン。

カバーに向かってキャスティングを繰り返すのですが、コチラのポイントは非常に水深が浅いためプレッシャーも高く、かなりのタフ状況。。。。

大型のボイルはオープンエリアにばかり出るため狙いが定まらず苦戦。しかも、熱波で必要以上に水温が上がり厳しい状況に。

そんな中、またもやA氏

IMG_9993

またやりました。小型トーマン。ちっさーーーーーーい(笑)こんな感じで小さいのしか食ってこない(笑)。僕も、ベイビーピーコックを釣りましたが、写真を撮るのも気が引けるくらいの赤ちゃんサイズで、即リリース(笑)

こんな感じで、まれに見るスーパータフコンディションのなか、夕マズメにやっと僕の竿にアタリが

IMG_9996

ちいさーーーい!またまたミニミニトーマン(笑)。ダメだ、、こりゃ。この日はこれにて終了。。

Air kuning…ちょっとタフすぎるな。
今回は以上です。

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら