プリペイド携帯から月額払いへのプラン変更

345
 
日本の方がマレーシアに住む時、まず最初に購入するのがプリペイド式の
携帯SIM(携帯電話のチップ)だと思います。
プリペイド式のSIMはデポジットがいらないため、非常に気軽ですが、
通話が増えて来たり、スマートフォンでカーナビアプリなどを使う様になると、
トップアップ(チャージ)が頻繁になるため面倒です。
 
マレーシアでプリペイドから月額支払い方式(ポストペイド)に切り替えるのは
簡単です。現在使用している電話番号はそのままに、好きな電話会社を選んで
契約をするだけ。それぞれの電話会社でプランは違いますので、ご自身の条件に
より近い所で契約すると良いでしょう。
 
以下は一例です。
 
【DIGI】
ポストペイドの契約をした場合、デポジットが50RMかかります。
外国人とローカルでデポジットの金額に違いがないのが好評価ですが、
DIGIは、最近出て来た企業に比べて若干電波が弱いと言う話を聞きます。
また、大手なのでサービスもそれほど期待できません。
国際電話は安い為、スカイプなどを使わない方にはオススメ。
 
【Maxis】
都市部での繋がりは非常に良く、LTEも快調です。出張などで地方に行かない方は、
これが快適だと思いますが、プランが夜更かしの若者向けになっている為、
昼間に良く使う方は、月の途中でトップアップする必要が出そうです。
デポジットは500RMかかります。
 
【U-mobile】
最近ジワジワ人気が出て来ているU-mobile。
プランが他よりも若干割安ですが、いざ何か変更などする時には、サービスセンターが
少ないのが少し難点です。
オンライン上での支払いなどが問題なければオススメのひとつです。
 
今の現状マレーシアでは、無制限プランと言うのがほとんどありません。
そのためスマートフォンのヘビーユーザーは、月の途中で必要な分を1GB単位で
購入する必要があります。この場合は購入もオンラインで簡単です。
 
 

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら