【英語力が高い】マレーシアで得意の英語で仕事をする!

helena lopes 1m2LQEonm2A unsplash 1024x683 - 【英語力が高い】マレーシアで得意の英語で仕事をする!

マレーシアの英語力は高い

マレーシアは多民族国家で、マレー系、中華系、インド系など多数の民族が在住しているため、それぞれ異なる言語を使用しています。そのため、共通語としての英語でコミュニケーションを取る必要があるため、英語力は非常に高いのです。

世界の英語力ランキングの中でも上位に位置しています。マレーシアは国際的にも英語力の高さでは認められているので、マレーシアで働く際は、英語力が必要になるでしょう。

マレーシアの英語を使う職業

マレーシアで英語を使う職業についてご紹介します。英語力に自信がある場合は、職業の幅が広がりますし、キャリアアップができる可能性もあるため、幅広い職業を視野に仕事探しをすると良いでしょう。

営業職

営業職は、マレーシアで日本人向けの求人が非常に多いです。電気製品、金属機器などの製造販売に関する営業職もありますし、IT関連の営業職もあるでしょう。金融機関、保険会社の営業職もあります。基本的には日系企業を対象として営業活動するケースが多く、日本人の需要があります。

営業職に関しては、現地のスタッフと協力しながら進めますし、コミュニケーションが非常に重要になるため、英語力が求められます。営業経験、日常会話ができる英語力がある日本人の需要は高い業種でしょう。

飲食、旅行などのサービススタッフ

サービス業界の求人は増えつつあります。日本人ならではの接客力、コミュニケーション力を活かすことができるでしょう。飲食、旅行などのサービススタッフは、現地の人と関わる機会も多いため、英語力が求められます。

特に旅行業界では、現地のスタッフ、ツアー業者、ホテルなどとのやり取りも多くなるでしょう。また、接客経験があると、有利になります。

経理、人事、総務スタッフ

マレーシアには日系企業が多数進出しているため、総理、人事、総務スタッフの需要があります。日本での経験や英語力を活かすことができるでしょう。現地のスタッフや部門を統括するポジションもあるので、キャリアップしたいという方にもおすすめです。日本での業務経験、英語力が求められる業種の一つです。

ITエンジニア、マーケティング

マレーシアには多くのIT企業が進出しています。その影響もあり、ITエンジニア、マーケティングに関する日本人の求人が増加しているのです。IT関連の仕事に就職すれば、Webマーケティング、Webデザインなどにも関わることができます。日本人のIT関連のレベルは高いので、日本人の需要が高い業界の一つでしょう。最新の知識を得るためにも、現地のスタッフとコミュニケーションを取るためにも、英語力は求められます。

企画、管理系職種

マレーシアの企業の経営に関わる業種になります。事業計画、各部門の管理、戦略策定などを行うので、非常に高レベルな技術が求められます。日本である程度経験のある方が採用されるケースが多いでしょう。現地のスタッフとのやり取りが必要となるため、英語力も求められます。

マレーシア就職で役立つ英語の資格

マレーシアで修飾する際は英語の資格が非常に重要になります。英語力をアピールする資格として、TOEIC、TOEFLがあります。TOEIC、TOEFLが全てではないですが、英語力を示す一つの目安になるでしょう。

TOEIC

日系企業ではTOEICが英語力を計る目安として使用されるケースが多いです。通常外資系の企業であれば、人事担当者の英語力が高いため、比較的応募者の英語力を判断しやすいですが、日系企業の場合は、採用の段階での判断が困難なため、TOEICのスコアで英語力を判断するのです。

基本的にマレーシアで英語を使用して働く場合、TOEICのスコアが700点以上あると良いでしょう。TOEICで高得点を取っていても、英語が流暢に話せるとは限らないですが、英語力を判断する一つの目安となるのです。TOEICで高得点を取るのも有効ですが、日常会話の練習をしておくと、より有利になるでしょう。

外資系企業で働く場合はTOEFLが有用

外資系企業で働く場合、TOEICよりもTOEFLの方が重視されがちです。TOEFLはTOEICよりも難しいですが、その分知名度も高いので、就職には有利になるでしょう。

常に最新のスコアを取得するのが重要

履歴書に言語の資格を記入することになりますが、基本的に過去のものであっても、受験した年月日の記載があれば、書いても問題はないでしょう。しかし、取得してから時間が経ちすぎていると、そのレベルをキープできているか疑問に思われる可能性があります。高いスコアを取得していたとしても、常に最新のスコアを取得する必要があります。

英語力を活かすために必要な能力

マレーシアで働く際、英語力があると、就職の際有利になりますが、英語力のみでは高レベルな職業に対応することができません。マレーシアで得意の英語で仕事をするためには、プラスアルファの能力が必要となるのです。英語力を最大限活かすために、有用な能力をご紹介します。

異文化への適応能力

異文化への適応能力、コミュニケーション能力は、マレーシアで就職する上で非常に重要です。海外で仕事をする際は、異なる言語、文化の人と接することとなります。英語力があればある程度コミュニケーションは取れますが、異文化への適応能力がなければ現地の人とスムーズに仕事を進めることができないでしょう。

現地では時間の感覚など、日本では当たり前と思っていたことがそうではないと気付くケースが多々あります。文化、考え方の違いを認めながら仕事をすることが大切なのです。

ビジネスマナー

マレーシアで働く際、ビジネスマナーは非常に重要です。マレーシアでの仕事で最も多いのは営業職でしょう。基本的なビジネスマナーが分かっていないと、仕事を進めるのが非常に難しいのです。面接の際、英語力よりもビジネスマナー、言葉遣いが重視されるケースもあります。

営業力

マレーシアで働く際、営業職の需要は非常に多いです。マレーシアには多くの日系企業が進出しているので、活発な取り引きが実施されているのです。そのため、営業経験のある日本人は重宝されます。営業実績を数値で証明できると、就職の際非常に有利になるでしょう。英語力に加え、重要な能力の一つです。

IT関連のスキル

マレーシアへはIT関連の企業が多く進出しています。そのため、IT関連の求人は増えつつあるでしょう。IT関連の企業で働く際、英語力はもちろんですが、IT関連のスキルも必要となります。知識、スキルを磨いていると、就職の際有利になります。

まとめ

マレーシアで就職する際、英語力があると非常に有利です。マレーシアは多民族国家なので、共用語として英語を使用しており、世界的にも英語力が非常に高いのです。また、マレーシアには日系企業が多数進出しているので、日本人の求人も多くなっているでしょう。英語が得意な方は、得意な英語力を活かすことのできる仕事を探してみましょう。

応募する際は、英語力を証明できるよう、TOEIC、TOEFLなどの最新のスコアを取得しておくのが重要です。英語力のみならず、日本人ならではの技術力の高さ、ビジネスマナー、異文化への適応能力も求められます。

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます

専門スタッフがあなたの海外転職を全力で応援サポートします!

海外就職がはじめてでわからない。そんなご不安もマレーシアの現地スタッフが、しっかりサポートいたします!就職準備から、生活面での不安やギモンにも全力でお答えいたします!

まずはお気軽にご相談ください!

無料相談する

マレーシアで就職をご検討の際は、マレマガから相談できます