マレーシアの祝日:ハリラヤハッジその①

マレーシアの祝日ハリラヤハッジ

ハリラヤハッジ

イスラム教の祝日にはマレー人がモスクに集まります

昨日はマレーシアの祝日ハリラヤハッジでした。ハリラヤハッジとはイスラム教の行事、犠牲祭の事で、その日は予言者ムハンマドがアラーに自分の息子を捧げた日。その日を敬い、讃える日がハリラヤハッジなのだそうです。祝日にはモスクの近くで実際に牛を絞めます。最近はKLっ子も牛を捌く事に全然慣れていないそうなので、都会での犠牲祭では、田舎出身のマレー人や、出稼ぎのインドネシア人が手伝っていたりするのだそうです。
ハリラヤハッジ
ちなみに田舎ではまだ異教徒の見学に関して閉鎖的らしいのですが、KL周りでは「そんな事よりも色々参加してもらってムスリムを理解してもらおう。というムスリムの方が多数なのだとか。今回捧げる牛は4頭でした。大きいモスクでは18頭くらい捧げるそうで、これは捌いた後、「牛のオーナー」「作業者」「貧しい人」で3等分します。捧げる牛の性別は関係なし。
ハリラヤハッジ

お祈りと共に行われる犠牲祭

原っぱでは大きな穴が4つ掘られていて、その横に牛がいました。で、10時半から足が縛られ、みんなで押さえながらお祈りをし、瞬く間に首を切って血を抜く、息が途絶えたらすぐに大人の男の人が4、5人で捌く。
ハリラヤハッジ
ハリラヤハッジ
来る前には怖そうだし、気持ち悪そうだし、かわいそうだし。とか色々考えましたが、実際見てみると、不思議と全く怖くなくて、ただ「ご飯は残さず食べよう。」「この人達は、なんてまともな人達なんだろう。」「正直捌きたての肉は美味しそう。」「ってか本当に経験できて良かった。」などなど色々ととりとめも無い事を考えてました。
ハリラヤハッジ
ハリラヤハッジ
ハラル(イスラム教)のお肉は、大量生産でも祈り、血抜きをしてからなるべく苦しくない方法で絞めます。肉質が固いのはそのため。
ハリラヤハッジ
ハリラヤハッジ
子供達は怖がる事もなく、ただ「自分達の食べ物はこうして命を頂いているんだな。」それくらいは理解したようです。結局牛は各部位にわけられ、残って穴に捨てたのは腸の中身と胃袋の中身と皮と血だけでした。
ハリラヤハッジ

ハリラヤハッジ

ご飯はなるべく残さず頂きたい!思った1日でした。参加を誘って下さったニザムさんファミリーありがとうございました。 貴重な体験が出来ました。
ハリラヤハッジ

マレーシアマガジンへのお問い合わせはこちら