アラム・シャー・スルタン博物館(セランゴール州立博物館)

セランゴール

Muzium Sultan Alam Shah(シャーアラム スルタン・ミュージアム)

ーセランゴール州立博物館
(シャーアラム スルタン・ミュージアム)

 

シャーアラムの中心地にあるセランゴールの州立博物館。13万5000平方フィートの広さがあり、6000近いセランゴール州の遺産を保存している。1989年で、セランゴール州の6代目スルタンがオープンした。セランゴール州はクアラルンプールを取り囲むように広がる州で、ペタリンジャヤ、シャーアラム、クラン、クアラ・セランゴールなど多くの地域が含まれる。

 

シャーアラム スルタン・ミュージアム

 

館内では歴史、習慣と遺産、自然遺産、イスラムと、4つのゾーンに分かれて展示を行なっているほか、館外にも展示品があるので、じっくり見ていると半日はかかる。

 

日本統治時代の展示も

 

セランゴール州の歴史はそのままマレーシアの歴史にも重なる。
歴史ゾーンでは、石器や武器から衣類、また日本の統治時代を含めたパネルや建物遺産についての解説を展示。日本の統治時代に関しては、当時のゲリラ活動にも触れており、厳しい時代だったことが説明されている。

 

 

IMG_7874
マレーシア 博物館

 

一方、マレーシアの民俗のコーナーでは人々の暮らしや文化(遊びや芸能、楽器)、墓地への埋葬方法までを詳しく解説。

 

マレーシア 博物館

 

自然遺産のコーナーでは、5メートルを超えるワニのレプリカや、マレーシアの昆虫の標本が飾ってあり、ジャングルの生態や自然について学ぶことができる

 

シャーアラム スルタン・ミュージアム

 

さらに屋外には、列車や伝統的家屋の展示もある。

 

日本人に人気のシャーアラムのブルー・モスクから徒歩圏内なので、モスク見学ついでにおすすめだ。

 

開館日は月曜日から日曜日の9時半から5時半。金曜日は9時半から5時半までだが、12時から2時半までは閉館となる。入場無料。

 

期間限定ギャラリーも併設。2018年3月現在では、マレーシアのあらゆるボトルを集めたユニークな「ボトル博物館」を展示している。

 

 

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

マレーシア移住・マレーシアの不動産についてのお問い合わせはこちら