【移住者向け】マレーシアで携帯電話の契約をしよう

robin worrall FPt10LXK0cg unsplash 1024x683 - 【移住者向け】マレーシアで携帯電話の契約をしよう

マレーシアの携帯電話事情

マレーシアに移住する際、携帯電話の契約をどうすれば良いか分からないという方もいますよね。マレーシアと日本では携帯電話事情に違いがありますし、契約方法も異なるので、違いを把握しておく必要があるでしょう。携帯電話の契約に関しては、マレーシアに移住する前にある程度計画を立てておくと、現地でスムーズに手続きを進めることができます。

日本とマレーシアでの携帯電話事情の違い

日本とマレーシアでは携帯電話事情が異なります。日本では携帯ショップで携帯、スマホ本体を購入し、通信料、通話料などはプランに沿って月額基本料を支払う形式になっているでしょう。機種選び、プランの選択をキャリアで行うシステムです。

一方マレーシアでは、携帯、スマホ本体とSIMカードは別々で購入します。通信料、通話料に関しては、その都度プリペイドで課金しながら使用するのです。日本で普及しつつある格安SIMに近い形です。マレーシアでは契約期間に縛りがないので、比較的自由に使用できます。

出発前にはSimロック解除が必要

日本の携帯電話にはSimロックがかかっているので、マレーシアで利用するのであれば、Simロック解除の手続きをする必要があります。マレーシアに出発する前には携帯電話のSimロック解除をしておきましょう。Simロック解除ができない端末の場合、日本もしくは現地でSimフリーの端末を購入する必要があります。マレーシアで携帯端末を購入する場合、偽物を買わされる可能性があるので注意しましょう。

マレーシアではトップアップを行う

トップアップとは通信データを買うことです。ショッピングモール内のSim会社やコンビニエンストアでトップアップをすることができます。Sim会社でトップアップをする場合は、希望の金額を伝えると、スタッフが設定してくれるので楽にできます。

一方、コンビニエンスストアでトップアップする場合は、希望の金額と通信会社を伝えることで、コードが発行されます。そのコードに電話するとトップアップができる仕組みになっているのです。携帯アプリ上でトップアップすることもできます。その場合、支払い方法としてはクレジットカード支払いとなります。

マレーシアに滞在するのが初めての方は、データプランの種類の多さに驚くかもしれません。Sim会社のスタッフに滞在日数、条件などを伝えると、最適なプランを提案してもらえるでしょう。

マレーシアでは基本、通話とSMSが使い放題

マレーシアでは基本的に通話とSMSが使い放題になっています。そのため、マレーシアでは通話とSMSの料金は定額と考えて良いので、データ通信の容量のみに着目できるでしょう。

マレーシアでは電話番号が必須

マレーシアではSMSが使えるのであれば、電話番号は不要ではないかと考える方もいますよね。しかし、マレーシアで生活する上で、電話番号を保有しておくことは必須になります。電話番号がないと、口座を開設することさえできないのです。

プリペイド式Simの場合電話番号が変わるリスクあり

プリペイド式のSimの場合は、通信量の残高がなくなる前にトップアップしなければ、電話番号が使用できなくなります。その場合、電話番号が変わるリスクがあるので、様々な問題が生じてしまうのです。プリペイド式の場合は、うっかりトップアップを忘れてしまうということもあるので、心配な場合は月額制にするのもありでしょう。

マレーシアでの携帯電話の契約

マレーシアで携帯電話を契約する場合、長期滞在と短期滞在でおすすめの方法や注意点が変わってきます。短期滞在の場合は、日単位で使用できる契約内容で手軽に使用できますが、長期滞在の場合は慎重に契約を進める必要があるでしょう。長期滞在の場合、短期滞在の場合での契約についてご紹介しますので見てみてくださいね。

長期滞在の場合

マレーシアでは携帯電話本体とSIMカードを別々に購入する形になりますが、長期滞在する場合は現地で購入するのがおすすめです。携帯電話本体に関しても、日本より安い価格で購入できるでしょう。携帯電話本体に関してですが、スーパーマーケット、ショッピングモールなどで販売されています。

安いものは日本円で、5,000円以下で購入できます。長期滞在する場合は、ナビなどを使用することを考えると、スマホを購入するのが良いでしょう。端末を購入したら、次にSIMカードを手に入れる必要があります。マレーシアには大手通信会社が4社ありますが、長期滞在の場合はサービス料、通信料などを把握して慎重に決める必要があるでしょう。

通信会社としてはマキシス、デジ、セルコム、ユーモバイルの4社が大手です。それぞれに特徴があるので、現地で話を聞いてみると良いでしょう。マレーシアにはWiFiが使用可能なエリアが多数あるので、3GB程度あれば十分に通信することが可能です。データ量が無くなった場合は、容量追加をすることができます。

マレーシアに長期滞在する場合、自宅にインターネットがないと、通信量がなくなるペースが速いので、インターネットを接続するのがおすすめです。インターネットに関しては、接続依頼後少なくとも1、2週間程度かかりますし、場合によっては数か月かかるケースもあります。

インターネットの接続が遅れると、その分スマホの通信量がなくなってしまうので、早めに準備しておく必要があるでしょう。短期滞在と比較し、長期滞在では、携帯電話の契約に迷う部分が多くなります。早めにプランなどを確認しておくのがおすすめです。

短期滞在の場合

マレーシアに短期滞在する場合も、通信手段を確保しておくと安心です。マレーシアでは短期滞在に便利なその都度チャージ可能なプリペイドタイプのSIMカードがあるのです。
月払いが可能なポストペイドもありますが、短期滞在であれば、プリペイドカードの方が縛りがなくて使いやすいでしょう。

SIMカードに関しては、コンビニ、空港、ショッピングモールなどの代理店で購入することが可能です。操作方法に不安がある場合に一番安心なのは、通信会社のショップでしょう。そのまま設定してもらうことも可能です。

現地ですぐにSIMカードを購入する場合は、マレーシアの玄関口であるクアラルンプール国際空港がおすすめです。クアラルンプール国際空港には、KLIA空港ターミナルとKLIA2空港ターミナルがありますが、どちらにも通信会社のショップがあります。短期滞在向けの1日から利用できるプランもあるので、確認してみると良いでしょう。データのみ、データ+通話など使い方によって変えることが可能です。

まとめ

マレーシアでは、日本と契約方法が異なるので、マレーシアでの携帯電話の契約の仕組みを把握しておくことが大切です。日本では、電話番号が変わるリスクはほとんどないですが、マレーシアの場合は、契約内容によっては電話番号が変わる可能性があります。また、携帯電話端末とSIMカードを別々に購入するというのも、日本との大きな違いです。

通話とSMSが定額というのも、マレーシアでの携帯電話契約の特徴なので、マレーシアではデータ容量が着目すべきポイントになります。携帯電話の契約に関して把握し、マレーシアでの契約をスムーズに進めましょう。